仕事の手帳、やっぱりメインはほぼ日手帳 WEEKSに決定。 #diary2015to2016

お役に立ったらシェアしてね!

昨年から仕事やプライベートで使う手帳を文房具売場であれこれ検討するのがひとつの楽しみになっております。

今年は9月はじめにはもう来年の手帳を買っちゃいました。

2016年お仕事手帳

スポンサーリンク

今年もほぼ日手帳 WEEKS

ほぼ日手帳 WEEKSは昨年から使い始めて2年目、続投です。

ほぼ日手帳2016 WEEKS ホエールクエスト

昨年ほぼ日WEEKSに決めた経緯は少しですがこちらに書いています。

iPhone 6 plusケースとほぼ日weeksチドリコラボ!こだわりの選択。
iPhone 6 plusケースとほぼ日weeksチドリコラボ!こだわりの選択。

ほぼ日WEEKSは発売開始して早々に人気の柄はすぐに在庫が切れてしまいます。

それもあって今年は8月下旬の情報解禁から一番好きな柄を確保すべく行動に出ました。

私の場合仕事の小物はなんとなく青系で統一しています。ほぼ日WEEKS2016のラインナップを見た時、柄物で唯一の青系であるクジラの絵のホエールクエストが気になりました。

悩んでいたら売り切れてしまうので、勢いでいち早くお買い上げしちゃいました。

※リンクはほぼ日手帳 2017 weeksに貼り換えました

ほぼ日WEEKSの決め手

ジブン手帳に挫折

実は今年プライベート用にジブン手帳も使ってみたんですよね。

ジブン手帳の最大の特長であるバーチカルを使うならプライベートかなと思って、今日食べたものとかライフログ的にメモする感じで使っていこうと意気込んでました。

しかし!

2014年中の2ヶ月はなんとか書いたものの、2015年に入ってから真っ白!結局なんにも書かずに終わりました(笑)酷すぎ、わたし。

普段「予定」や「Todo(やること)」は全部リマインダー機能のあるiPhoneのカレンダーアプリを使っています。

Staccal 2でiOS標準「リマインダー」を使ったプロジェクト別Todo管理が便利!
Staccal 2でiOS標準「リマインダー」を使ったプロジェクト別Todo管理が便利!

ジブン手帳に書こうと思っていたメモ的なことはほとんどリマインダーやGoogleカレンダーに残るのでわざわざ書く必要がない。

自分の手を動かして何かを書き残すなら、スケジュールを管理するタイプの手帳じゃなくて日記帳みたいな文章を書けるタイプの方が良かったと後になって思いました。

たくさん書き込めるのに軽い・薄い

スマホだけでも仕事では最大3台持ち歩く身としては、いつも持ち歩く荷物はなるべく軽くしたい。

スケジュール管理はGoogleカレンダーでやれたとしても、勤務実績をメモするためにささっと取り出して書き込める手帳は必要。

書き込める情報量に対して重さ、薄さ、レイアウト、質感。どれをとっても一番私の中で仕事用にしっくりきたのは今年もほぼ日WEEKSでした。

方眼は書きやすい!

月間ページ。

方眼はつい大きな字で書いてしまいがちな文字の大きさをコントロールできて良し。そして月曜始まりは譲れません。

ほぼ日WEEKS月間ページ

週間レフト+メモは、その週のある気付きに関して重点的に書く場合スペースが確保されているのが良い点。ただし毎週毎週書くことがあるわけじゃないのが購入を迷ったところ。

でもほぼ日の用紙は薄くて軽いのにフリクションやシグノで書けば裏写りしないトモエリバー。ページが多くても重さにはさほど影響しない感じがさすがです。

ほぼ日WEEKS週間レフト

手帳とは別にA5ノートが必要

マークスSTRAGE.itのノートカバーが私向き

私の場合、取引先と打ち合わせをする時に議事録に残すという仕事が多いんです。ボイスレコーダーで録音はしているものの、要点はその場でノートにつらつらっと書いておきたい。スケジュール帳だけでは足りず別にノートも使用します。

B5、A6と様々な大きさのノートを試しましたが、一番書きやすいのがA5ノートでした。

外出時には常にバッグに入れて持ち歩くので、表紙がよれよれにならないようにノートカバーを探していたらマークスのSTRAGE.it にたどり着きました。

STRAGE.it が良いのは表紙のカバーにスライドポケットがついていて、iPhone(5s)がすっぽり入ります。今後6や6sが来てもスペースは余裕。

STRAGE.it A5

カバーの上から画面を押せば画面も操作できるので、このまま打ち合わせに持ち出すのに重宝しています。

ちなみにノートの中身ですが、コクヨのエッジタイトルを入れてます。システミックというカバーノートを買った時についていたノートです。

エッジタイトルはノート単体でも売っていて、リングタイプと普通のノートの2種類あります。

ページの端に日付とタイトルを書けるようになっていて、いつの記録か探しやすくなってます。

コクヨのエッジタイトル

◎月◯日案件名、打ち合わせ内容のメモを残すことが多いので、カバーノートメインで買ってみたら私の使い方に合っていました。

普通のA5ノートなら何でも差し替え可能。使い終わったらまだ残っている無印のノートも有効活用できそうです。

あとがき

手帳を使う人のライフスタイルによってその人にとって一番いい手帳は違います。手帳には誰にでも当てはまるひとつの答えというのはありません。

だからブログや手帳活用方法の紹介記事はその人の個性が出ていて見ていて楽しいのかな。

私の記事も数ある中の一例として参考にしていただければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
くるみ
老後に不安を抱きながらもいまを楽しく生きたいアラフォーひとり身。→[詳細プロフィール] 埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー