ブログの収益化に行き詰まって「欲しい ほしい ホシイ」を読んでみた。

お役に立ったらシェアしてね!

欲しい ほしい ホシイ

ブログで収益を上げたいと思った時、

自分のブログがきっかけで商品を買ってもらえるようになりたいのは誰もが思うところ。

仕事でマーケティングに関わるようになると、

ブログでも、ブログがターゲットとしている層の読者に効果的に響く表現ができるようになることが収益化の近道では?

と思うようになりました。

マーケティング関連の本を読む中で、読んでいて楽しかったのがコピーライターでありクリエイティブディレクターの小霜和也さんの本。

今回はインプレス・ジャパンから献本いただいた「欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くと」をレビューします。

スポンサーリンク




小霜和也さんはこんな人

小霜さんは元博報堂でコピーライターをやっていて、現在はご自分でオフィスを構えてクリエイティブディレクターとしてご活躍されています。

小霜オフィス|コミュニケーション&クリエイティブ コンサルティング
コピーライター/クリエイティブディレクター 小霜和也が、コミュニケーション&クリエイティブを中心に様々なコンサルティング活動をしている会社です。

欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くとには、これまで手掛けた広告の裏話がたくさん載っていて、例えばプレイステーションやキリン一番搾りなどは放送されていたのはもうかなり前のCMのはずですが「あ、このCM記憶にある!」とすぐ思い出せる印象的なものが多いです。

「欲しい」と本能的に感じられるところを突くべし

例えばドン・キホーテや楽天市場。

ドン・キホーテは買いたい商品がどこにあるかわからないくらい店内がごちゃっとしていたり、楽天市場のトップページは検索しないとどのショップで買うのが最適か見当もつきません。

これらの企業が情報をできるだけ多く見せるようにしているのは、女性は雑多なものからお気に入りを見つけ出す行為が好きというところからあえてそうしている、といった話。

媒体のターゲット利用者層がはっきりしているなら、ヒトが本来持っている習性や認知行動を知っておいてそれを取り入れていくほうが効果的だよということをひたすら例を挙げて教えてくれます。

小霜さんの本はこの本以外にも広告やコピーライティングの本を2冊ほど読んでいますが、表現が軽快でまるでセミナーで目の前で話してもらっているみたいに終始楽しく読み進められます。

それでいてどのプロジェクトでも結果を出している方なので、言うことに説得力がある。つくづくすごい方だなぁと憧れてしまいますね。

これからブログでやりたいことの方向性がはっきりしたかも!

これまでの私はブログでうまく文が書けるようになりたいと文章術の本を中心に読んできました。

そのスキルを伸ばすこともきっと間違いではない。

でも自分が情報を探しにいく立場だと、

文章が洗練されているかどうかより、

この商品は何が自分にとって幸せで、買ったら自分にこんなメリットがある

これがわかりやすいと、より参考になったと思えます。

過去に自分が書いた記事を振り返ってみても

ジョナサンのドリンクバーにあるティーメーカーはAmazonの方が安かった。
  • 自分でも長年愛用していて
  • とても機能的で、実用的であることを的確に伝えられている
  • 普通に買うよりAmazonで買うほうが安いことを明示できている

しっかりと情報や感情を織り交ぜられている記事が結果を出しています。

マーケティングをかじってみてようやく何をどう書いたらいいかという方向性が見えてきた気がします。

特にアフィリエイトブログをやっていて行き詰まりを感じている方は、マーケティングやコピーライティングの世界に触れてみると新たな発見があるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー