【名古屋】また食べたくなる辛うま台湾ラーメン!味仙今池本店

お役に立ったらシェアしてね!

味仙台湾ラーメン

名古屋に行ったことのある友人に「なごやめし」のオススメを聞いたら真っ先に教えてもらったのが、台湾ラーメンで有名な「味仙」。

名駅や矢場町(栄)やセントレアにも支店がありますが、ここはやっぱり今池本店へ。

スポンサーリンク

今池ってこんなところ

今池は名古屋市内の地下鉄の今池駅中心に広がるエリアですが、JRの千種駅からも徒歩圏です。

今池にはドラゴンズファンの聖地として有名な中華料理屋の「ピカイチ」さんなど中華、焼肉、焼鳥などをつまみにサクッと呑めるお店が集まっています。

カフェはほんの数店しかなかったので、まさにおじさんの聖地のようなところ。

入店まで

この日はお盆休みに入りかけの火曜日の夜、19時過ぎ。

外観

お店の前には10人程の行列ができていました。

透明の自動ドア越しに見えるカウンターは埋まっていなかったので、店員さんが行列の人数を確認に来ると程なくして入れました。

こういう時おひとりさまはイイね。

ただ行列が出来ていても、味仙のような超人気店は列の人数の捌き方には慣れています。予約なしでも無駄に待たされることは無さそうな印象。

注文

台湾ラーメンは630円。

青菜炒めなど、隣の食べてる方のお皿をチラ見しながら大人数なら食べたい中華のメニューに目を奪われましたが、ここは台湾ラーメンのみ注文。

注文してすぐ、個別に水の入ったボトルとコップが。

水""

ここの台湾ラーメンはとにかく辛いので、辛いの得意な人でもとにかく水が欲しくなる!

このサービスは必須です。

きた!

そしてたいして待たずにやってきた台湾ラーメン!

台湾ラーメンアップ

箸で下から麺を持ち上げてみました。麺の太さと挽肉の感じは伝わるかしら。

麺は博多ラーメンのような白い麺だけどそれより少し太め。醤油ベースのスープによく絡む。

そしてそのスープは噂通り辛い。

でも食べ終わった後くちびるがヒリヒリするくらいで、食べることを邪魔するほどの辛さではない。

その辛さを遥かに超えるスープの旨みと挽肉の旨みが勝って、いつまでもいつまでもレンゲで挽肉を掬いながらスープを味わっていたくなる不思議!

今回頼んだ普通の台湾ラーメンはどんぶりも小ぶりなので、男性なら台湾ラーメンの大盛りをオススメします。

あとがき

「辛うま」は好きになるとクセになる。

だからこそ味仙の台湾ラーメンはリピーターの心をつかんで離さないんですね。

名駅にもお店があるので、新幹線の乗り換えの時にでも時間調整してまた行けるかな。

ごちそうさまでした♪

お店の情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
くるみ
老後に不安を抱きながらもいまを楽しく生きたいアラフォーひとり身。→[詳細プロフィール] 埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー