紙の手帳を駆使してやりたいことを明確にしたい

お役に立ったらシェアしてね!

Fujiyama

2015年、あけましておめでとうございます。 

実は昨年の10月を過ぎた頃から、来年こそちゃんとしたい!と思うことがいろいろあって、水面下で準備を始めておりました。
もう既に挫折しそうになったものもありますがw今日からまた新たな気持ちでがんばろうと希望に燃えています。

今はね。

スポンサーリンク

仕事用:ほぼ日手帳 WEEKS

やはりね、歳とともに記憶力というのは衰えるもので。
嫌だったことまで詳細に書き記す必要はないと思うけど、今日1日どんな日だったか振り返ってわかるようにしておきたい気持ちが湧いてきました。

とりあえず仕事とプライベートの手帳はわけることにしました。
一元管理も憧れましたが、手帳が重くなるのと、仕事のことは事細かに書きたい部分もあるので分けないと容量的に限界が。

ほぼ日手帳 WEEKSは12月から使い始めました。

デザイン・厚さ・軽さはいい感じ。
左側の週間部分にはその日やるべきことを書いて、右側の方眼部分には仕事上での気づき・メモを中心に書きためています。

出先での仕事が多いので、それをデータで整理してPCで作業する暇はなかなか取れません。
私の場合は、2,3ヶ月おきに案件の合間で暇ができると一気にやるのでその時に思い出せるように少し細かめに書いています。

願わくばタクシーやホテルの領収書を収納しておけるポケットが欲しいけど、それはB6サイズ以上の手帳じゃないと難しいので2015年はもうこれで行きます!

ほぼ日は買う前ちょっと高めかなーと躊躇したこともあったんですが、使ってみるとちゃんとした手帳だからちゃんと書こう、使おうって気持ちになりました。そこは思わぬプラス効果ですね。

プライベート用:ジブン手帳

私のジブン手帳はグレー。
白が欲しかったけどいち早く売り切れてた。

ジブン手帳

ジブン手帳とは

一年、一生、メモ帳と、目的を分けて使える、三分冊スタイルの便利な手帳。

引用元:ジブン手帳2015│コクヨS&T

DIARYでは1年を毎週バーチカル式に自分の行動のライフログをつけることができます。
LIFEは人生でやりたい100のリストや座右の銘リストなど一生使える情報を書けるノート、IDEAは方眼のノート。肌身離さず持ってメモできます。

11月半ばに買ってすぐ使い始めてます。
きれいに書いている人の例などをたくさん見て、用意されたスペースをちゃんと埋めていきたいと気合を入れて書いてみましたが、12月に入ってちょっと疲れました(汗)
あんまり肩肘張らずにこのジブン手帳とは付き合っていこうかなと思っています。

筆記用具とジブン手帳

ジブン手帳はすごい人気みたいで、今はカバー付きのものしかもう市場に残ってないみたいですねぇ。
次の年は白をGETできるように早めに確保しようっと。

あとがき

手帳選びが高じて文房具選びにまで凝りだす始末ですが、色々吟味するのって楽しいんですよね。

紙の手帳をまたちゃんと使い始めて、頭の中にあることをノートや手帳に書き出すことは、折にふれ自分の書いた文字を読んだり目にすることになります。

その繰り返しでやりたいこと、やるべきことが徐々に明確になってきた気がします。

2015年にやりたいこととしてまとめてひとつの記事に書くつもりが長くなりそうだったので、テーマに分けて記事にすることにしました。

次回以降もお楽しみに!していただけると幸いですm(__)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー