デザイナーになりたい人にはぜひ手に取ってもらいたい「プロのデザイナーになるための本」

お役に立ったらシェアしてね!

プロのデザイナーになるための本

いまやっている仕事に、バナー広告を発注するという業務があります。

バナー広告は外部のデザイナーさんに発注して作っていただくのですが、

いくつかの候補に対して「これでいきたい」という判断を「ただ、なんとなくこれがいいと思う」感覚だけではプロジェクトリーダーに説明ができません。

デザインはどのようにできあがってくるのかを知っておきたくて、「プロのデザイナーになるための本」をソーテック社より献本いただきました。

スポンサーリンク




ずっと、デザイナーに憧れてるんです

もうだいぶ前の話ですが、私も「Webデザイナー」を目指した時期がありました。

自分の美的センスには全く自信が持てないんですけどね。

いまでも「デザイナー」という仕事には憧れがあります。

だから「プロのデザイナーになるための本」というタイトルを見つけてしまったら、手に取らずにはいられなかったですね。

デザイナーの仕事の、言葉で説明できることは一通り網羅されている

中身

「プロのデザイナーになるための本」には、デザイナーの仕事とは何かが一通り詰まっています。

デザイン論だけに留まりません。

  • デザイナーの仕事の流れ
  • 打ち合わせの事前準備には何が必要か
  • 専門用語の解説
  • データのやり取りに使うツール
  • データ整理の方法

デザイナーが仕事をおこなっていく上で知っておいたほうが良いことが、ひとつずつ細かく解説されている点に安心感があります。

かっこいいサイトや誌面はこういう根拠で作られているんだ、というベースがわかれば、何を根拠に良しとすればよいかが明確になってそこから発想が広げられるようになります。

新人デザイナーさんはまずこの本に書いてあることをマスターしてほしい!

デザイナーさんは、個性を出すとか自分なりのデザインができるようになる前に、

期日内に相手(クライアント)が求める成果物を扱いやすい形で根拠を持って出せることがまず基本になるでしょう。

デザイナーさんと仕事をする側の人間からすれば、ここまでわかっていてくれる人とデータのやり取りができればスムーズで仕事が早いなって思えます。

私のようにデザイン素材を発注する側になった人も、「相手を知る」という意味で参考になる情報が詰まっています。

デザイナーになりたい人にはぜひ手に取ってもらいたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー