iPhone(ソフトバンク)のデータ通信をWiMAXに一本化したい。データ通信の付き合い方を考える。

お役に立ったらシェアしてね!

iPhone(ソフトバンク)月額使用料はもう少し安くできないかなーと思うのは常日頃。
私の場合、機種変当初はかいかえ割や紹介の割引などで抑えられていた月額使用料も、増税も重なり今後はいま以上支払い金額が増えることは必至。
その対策のひとつとして契約したSo-net モバイル WiMAX、使い始めて約2ヶ月経過しました。
果たしてiPhoneのデータ通信をWimaxに一本化は可能なんでしょうか。

スポンサーリンク




iPhoneで月額使用料を抑えられる条件のおさらい

まずはiPhoneのパケット定額サービスの料金体系についておさらい。

私はこちらの情報を見て、
パケットし放題 for 4G LTEに変更し、iPhoneのデータ通信分を(2段階の月額下限の2,000円+月々割の増額分440円)=2,440円に抑え、パケットし放題フラット
for 4G LTEの方の定額5,200円より抑えるために、
WiMAXを月額2,760円以下で契約して運用しようと考えました。

iPhoneのモバイル通信をOFFにして、データ通信全てをWi-Fiで行うには以下の説明を見て
「モバイルデータ通信を無効にする」設定を行います。

自宅では光回線などの無線LAN環境を使い、外出先ではSo-net モバイル WiMAXでWi-Fi接続して使うようにし、常にWi-Fi接続でiPhoneを使用します。

モバイル通信が使えないデメリット

@softbank.ne.jpのアドレスが使えなくなる

iPhoneでいう「メッセージ」のやりとりです。
LINEやTwitterのDMように会話形式でやりとりの履歴が表示されるので、会話の経過が見やすくてとても気に入っていたのですが送受信できなくなります。
家族や頻繁に連絡を取る相手にはGmailのアドレスを教え、そちらに送ってもらってやりとりをしていますが、メールの履歴は見づらくなるしメールの新規作成が面倒なことこの上ない。
親しい人には皆LINEを使ってもらえれば万事解決なんですけど、親しい人ほどアナログな人が多いので相手にそれを強いることもできません…。

WiMAXの快適な通信エリアは”都会”

この2ヶ月で主にWiMAXを使用したのは、さいたま市中心部(職場)、高崎線電車内、池袋界隈、札幌市内。
池袋では東武デパートの店内が圏外でした。高崎線車内では大宮を超えて北へ行くにつれて走行中に圏外になるケースがチラホラ。
建物の地下や奥まったところにいたり、都会から田舎へ行く途中ではやはり電波が途絶えるケースがあります。
それでもさいたま市や札幌市は、市の中心街であれば問題なくWiMAXは使えました!
会社のお昼休みはWi-Fi通信でエリアフリーTVで毎日録画している「カーネーション」を楽しんでますし、札幌のスープカレー屋さんで並んでいる時も動画見ていたら待ち時間もあっという間でした♪

モバイルWi-Fi(AtermWM3800R)の連続動作時間は約10時間

連続動作時間とは、常時通信接続にしている時間。AtermWM3800Rの場合、電源ランプが緑色に点灯している状態。
待受時間というのは、iPhoneから操作する場合BluetoothでAtermWM3800Rとペアリングを試みることでWi-Fi通信が始められる待機状態を指します。
メールやLINEの着信を常に待機する場合は、モバイルWi-Fiを連続動作状態にしておくことになりますので、モバイルWi-Fiはその間ずっと稼働し続けます。
ずっと稼働させておくと、機器はそれなりに熱くなります。
朝家を出て、残業を少しして帰ってきたら電池はほとんど使い果たした状態で家に帰ってくると思っていただければイメージしやすいと思います。

それでもiPhoneの通信はWiMAXに一本化は可能!

あえて正直にデメリットを挙げましたが、それでもWiMAX一本化はできます。
例えばたまに田舎へお出かけする時は、そんな時まで常時データ通信できなくていいんじゃないかと思うんです。
その分、一緒に旅行している人と会話したり、観光案内に置いてあるパンフレットを一緒に見ながらどこ行こうか検討するのも楽しいじゃないですか。
最近は観光地に置いてあるパンフレットやガイド類は情報量が多いし、公式ホームページより詳しい情報が得られることが多いです。
待ち合わせでメールを常時受信できなくて困るようなら、電話しましょう!
待ち合わせで、相手を確実に捕まえられる手段は電話です!
モバイル通信を切っていても音声通話の受信は可能ですからね。

結論:ガラケーとのiPhoneの2台持ちならぜひ!WiMAX一本化を。

私が思う、iPhoneのデータ通信をWiMAXに一本化をオススメする人は、
ガラケーとiPhoneの2台持ちの人です。
iPhoneで通信するのは何かを調べるときだけ、という使い方ならこれまでに挙げたデメリットは実は大して問題じゃないのではないかと思います。
私はiPhoneがメイン端末で、生活圏が都会ではないのでWiMAXに一本化は先送りです。
少なくとも動画を7GB制限に怯えること無く再生できる贅沢を来年3月まで楽しみたいと思います!

ちなみに私が契約しているSo-net モバイル WiMAXは、1年契約可能で30,000ポイントバックが決め手です。

【2015/4 追記】現在はSo-netは Wimax2+ に移行されており、ソフトバンクも価格とサービス改定により記事投稿当時とサービス・特典内容が異なる点もありますのでご了承ください。

WiMAXの記事まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー