Windowsでブログを更新するために使っているソフトまとめ

お役に立ったらシェアしてね!

私は基本的にMacユーザー。たまに宿泊出張の時はWinodwsでもブログの更新をおこなっています。

Macでは相変わらずMarsEditが一番使いやすくて愛用中。

MarsEditでエラー発生!ブログ更新環境を見直し確認する。
MarsEditでエラー発生!ブログ更新環境を見直し確認する。

色々使ってみたけどやっぱりMarsEdit最強。

でもMarsEditはMacにしかありません。

2015年夏に購入したモバイル用のWindowsタブレットにも厳選してブログ更新に必要なソフトをインストールしました。

Office標準搭載激安Windowsタブレット(WN891)がめっちゃ使える〜!
Office標準搭載激安Windowsタブレット(WN891)がめっちゃ使える〜!

その中でブログ更新によく使用しているツールをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

WordPressエディター

WordPress更新専用のエディタを使うメリット

なんといっても写真(画像)の挿入が楽にできるところ。

WordPressの編集画面だと、使う写真をあらかじめメディアにアップロードしてから記事に挿入することになるのでかなり苦痛です。きっとここで挫折する人が多いのではないでしょうか。

WordPress更新用エディタを使えば、ブログの更新はWordで文章を作成する要領でできます。

エディタを使うだけでだいぶWordPressのハードルは下げられます。

てゆーか使わないと面倒すぎて挫折する!

Windows Live Writer

Windowsが無償で提供しているエディタです。

Windows Live Writerのダウンロードとインストール

OSのバージョンがWindows10の人は以下のページからダウンロードして

Windows Essentials – Microsoft Windows

Windows Live Writerのみインストールすると身軽に使えます。

Windows 8.1以下を使用中の人は、以下にご案内するわいひらさんの記事を見ながら設定をすればブログを更新する環境が整います。

ブログエディター「Windows Live Writer」のインストールとWordPress用初期設定方法

特にWordPressの無料テーマ「Simplicity」を使っている方は、おすすめのプラグインまで入れるとだいぶWindows Live Writerでの更新が楽になるのでないでしょうか。

【改訂版】WindowsブロガーのためのWindows Live Writerプラグイン15選

わいひらさんご自身がWindows Live Writerでブログを更新されるので、Windows Live Writerについての記事を詳細にまとめています。

Windows Live Writer | 寝ログ

こちらを見て設定したら鉄板です。

画像編集

画像編集については画面キャプチャを撮ってから矢印や文字で説明を書き加えたり、ブログにアップする写真に写り込んでいる一般の人の顔をぼかしたり、アイキャッチを作ったり。編集したい場面がたくさんあると思います。

無料から高額なものまでいろんなソフトウェアがありますが、○○をするならA、△△ならBと使い分けをすれば無料のソフトで十分まかなえます。

Skitch

スマホ版もありますがPC版がおすすめ。

Skitchが特に得意なのは

  • PC上の指定領域を切り取って画面キャプチャして矢印やテキストを追加して説明する
  • 写真に写り込んでいる一般の人の顔にモザイクをかける

など。

公式のマニュアルは以下のサイトにあります。

だいたい直感で操作できる作りになってるので、初心者でも使いやすいかと。

関連Skitch for Windows の使い方 | Evernote

Screenpresso

もうひとつ無料で直感的に使えるソフトがScreenpresso。

SkitchができなくてScreenpressoでできる主なこととしては、

■ 画像の滑らかなぼかし(描画ツール・指定の領域のぼかし)

ぼかす

■ スポットライト効果

Spotlight effect

全体的にSkitchでできることはScreenpressoでもできます。

ただしScreenpressoの無料版では画面のキャプチャにはScreenpressoのロゴが表示される仕様になっています。

そのため画面キャプチャはSkitchで撮ってからそのJPGファイルに矢印・テキスト・スポットライトをScreenpressoで追加する方法で使うのがベスト。

ダウンロードは以下より。

関連Download | Screenpresso

画像の縦横リサイズと透かしを入れる

英語版のソフトですが、FastStone Photo Resizerがいい感じ。

ソフトウェアのダウンロードや英語の解説は以下より。

関連FastStone Photo Resizer – Powerful Image Converter/Resizer

※注意※ 「Free for Home Users」と書いてあるので、商用目的で利用される方は$19.95でBuyページから購入を。

FastStone Photo Resizerでは、大きさがバラバラな画像をまとめてサイズ変更。さらにウォーターマークをつけるまでがいっぺんにできます。

この記事の写真は全てFastStone Photo Resizerで加工しました。

【京都】おしゃれ古民家カフェ「来麟」で大原散策の腹ごしらえ。
【京都】おしゃれ古民家カフェ「来麟」で大原散策の腹ごしらえ。

記事中にある各写真の右下に「@kurumilkey」とあるのがウォーターマークです。

操作の方法

設定

FSPresizer main

  • Output Format  JPG、PNGなど。お好みで変更可。
  • Output Folder チェックをはずせば元々画像加工したいファイルと同じフォルダにリサイズ後の画像が保存される。
  • Rename チェックを入れると変換する写真のファイル名に連番をつけたり日付を付加する。加工前のファイル名でよければチェックはつけない。

以下の項目はそのままで。

  • Keep Original date/time attributes(画像を編集しても元の日付のままにする)
  • Ask before Overwrite(上書きしてしまう前に確認メッセージを出す)

画像のリサイズ

Advanced Optionボタンから設定画面にいきます。

Resize

私の場合、ブログで表示する画像のサイズを横:550ピクセルにしていますが、Retina対応にしているので実際の画像サイズのWidthを1100(表示させたい画像の倍)にしています。ここの値は実際に設定したい画像のサイズにしてください。

画像にウォーターマークを挿入

Text watermark

上の画面は「@kurumilkey」という文字を画像の右下に配置する例ですが、隣の「Watermark」タブでは画像にサイトロゴの画像などの透かしを入れて写真の転載対策をすることもできます。

あとがき

写真を撮るか画像を用意してそれに説明を入れるように記事を書いていくのが私の基本のブログ更新スタイルです。

型が決まればブログの更新もグッと楽になりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
くるみ
老後に不安を抱きながらもいまを楽しく生きたいアラフォーひとり身。→[詳細プロフィール] 埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー