ハイテク体重計でレコーディングダイエット!

お役に立ったらシェアしてね!

WS-50

ダイエット中のわたくし。体重の増減に日々一喜一憂しながらも確実に減量への歩みを進めております。

減量への強いモチベーションに一役買っているのが、毎日乗るだけで体重と体脂肪を自動で記録してくれる体重計・Withings Smart Body Analyzer(WS-50)です。

スポンサーリンク

Wi-Fi経由で測った体重がスマホへ転送される

タニタやオムロンといった体重計では、体重や体脂肪の記録をSDカードでPCに取り込んだり、スマホを近づけてデータを転送したりなど体重計からデータを取り込んで管理していく必要があります。

さらにスマホアプリはあっても、Androidしかない。

iPhoneアプリで体重管理をしていきたいなら、Withingsの体重計一択です。

正直体重計に2万円近くも投資することに躊躇しましたが、ジムに通う時間も取れないので一念発起。

ハイテク体重計の力を借りて強制レコーディングダイエットしてみることにしました。

最新機種の型番は「WS-50」です。

色はブラックもありますが、私は清潔感のあるホワイトで。

WS-50を使えるようにする

箱から出したら、裏に電池を入れます。ただ体重や体脂肪を測っていきたいだけなら乗った時にだけ体重がパッとスタイリッシュに表示されます。

体重表示

iPhoneとの接続

裏にあるペアリングのボタンを押しながらBluetoothでペアリングします。

Bluetoothペアリング

Wi-Fiに参加する

体重計に電池がセットされた状態でWi-Fiに接続していきます。

アプリは以下のものをダウンロードしておきます。

Health Mate

Health Mate
開発元:Withings
無料
posted with アプリーチ

無線LANは電波5GHz(XXX-Aなどという表示)には接続できないので、2.4GHzの(XXX-Gなどの表示)のネットワークに接続するようにします。

一度設定をしてしまえば、体重計に乗って以下の表示になれば測定データがスマホに転送されています。

AAA表示

体重をかかと方向に乗せて体重計に乗ると体重の表示のまま計測がうまくいかない時があります。

気持ち前目に体重をかけて測るのがコツ。

アプリに励まされる

iPhoneを常に持ち歩けば、アプリには毎日の歩数が表示されます。

データが蓄積されていくと過去の歩数や体重との比較で叱咤激励されます。

叱咤激励

おめでとう!

アプリとはいえ、褒められれば嬉しいし、その調子!って言われれば自信になります。

あとがき

停滞期に入りつつある頃からwithingsを使い始めたので、過去最低の体重で褒められたのがまだ1回しか無いんですよね。。

測るだけで記録されていくからごまかせないし、計測結果で勝手に折れ線グラフが出来上がっていくので成果は一目瞭然。そこに労力がかからないのは本当にラク!!

着実に折れ線が下がってくればモチベーションがあがるし、下がらなければもっと運動や食事を気をつけようって思えます。

ただ。せっかくいい体重計を買ったのに、平日は家にいないんですよね〜。それが残念な今日この頃。

週末帰ってきたら前より軽い身体でただいまできるように日々気をつけるだけですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
くるみ
老後に不安を抱きながらもいまを楽しく生きたいアラフォーひとり身。→[詳細プロフィール] 埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー