野球観戦時にあるといいモノまとめ。

西武ドーム

野球ファン歴は20年以上のわたくし。

野球観戦へは年に多くて20回ほど行ってた時期もありました。

観戦時の荷物はなるべく増やしたくはないけれど、できるだけ快適に過ごしたいもの。
今回は「あるとちょっといいモノ」にスポットをあてて紹介します。

スポンサーリンク

身につけるもの

斜めがけバッグ

チケット、お財布、ハンドタオル、携帯電話(スマホ)が入る程度の大きさがいい感じ。

大きいバッグの他に持っていくとトイレでも楽ですし、丼ものを買っても両手があくので持ち運びに困りません。

特に西武ドームは外野と内野、自由席と指定席の境界で必ずチケットチェックがあるので、チケットがすぐ出せるポケットが装備されているタイプが便利。

一例として私も持ってるレスポのバッグ(同型)を挙げてみました。

マフラータオル

フェイスタオルより、首に巻ける長さのあるマフラータオル。

暑い時期は首元の汗を吸い取ってくれるのはもちろん、応援している球団の選手やマスコットのタオルなら座席で応援している選手が打席に立った、登板したときに掲げて応援気分を盛り上げることができます。

食べ物まわり

ウェットティッシュ

デーゲームの試合開始は13時か14時、ナイターなら18時。

試合時間が平均3時間となれば、だいたい座席で何か食べます。

家から持ち込むにせよ(※楽天の球場は禁止)現地でホットドックや焼き鳥など食べようもんなら必ず手が汚れます。

ウェットティッシュはバッグに入ってなくて後悔するものNo.1です。

小袋のお菓子

ビールのツマミに、ちょっとしたおやつに。

スーパーのお菓子売り場で袋で売ってるタイプのものが仲間に配りやすく、かさばりません。

旅行や出から帰った直後に友人と観戦する時には、野球場で食べやすいタイプのお土産を買って持っていくというのも一石二鳥。

雨対策

カッパ

雨が降ってくると途端に座席で傘をさす人がいますが、マナー違反です!!

後ろに座っている人の視界をどれだけ遮ることになるかわかっていない人が多いこと。

そして傘から滴る雨水は後ろの席の通路に流れていきます。

梅雨時期、ゲリラ豪雨の多い時期の屋外観戦には、雨カッパを持っていきます。

裾が長めで身体をすっぽりカバーしてくれるタイプのものが、パンツ(ズボン)までカバーできておすすめ。

タオル

オシャレな球団グッズのマフラータオルではなく、〜工務店などののし紙が巻いてあるような、祝いでもらえるタオルです。

タオル

雨が降った後に自分のバッグや着ているものが濡れていたら拭き、座席が濡れていたら拭き使い終わったらレジ袋などのビニール袋へ収納。
荷物が多くなり、他のものが濡れてしまって嫌ならいざとなったら捨てて帰れる、がさつに扱えるのがポイントです。

大きいゴミ袋用ビニール袋

家庭用ゴミ袋サイズのものを1枚持っていき、一連の荷物を入れたバッグをこの袋に入れて足元に置きます。

布製のバッグを持って行っても雨だけでなく汚れから守れますし、なんといっても足元は飲み物をこぼしたら被害を受ける可能性もあるので、用心するに越したことはないです。

もはや雨じゃなくても必需品。

どのスタジアムに行くときでも忘れずに荷物に入れていきましょう。

あとがき

スポーツ観戦時の備えとして、他のスポーツ観戦にも便利なものもあると思うので参考にしていただければ幸いです(^-^)/

筆者のプロフィール

くるみ
くるみ
Webサイト編集、フリーライター。遠征先でご当地グルメを堪能しているときが一番しあわせ。→[詳細プロフィール]
埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プロ野球
スポンサーリンク
くるみをフォローする
くるみる記。