ボストンで見つけたこれぞ求めていた文房具たち。おみやげに最適!

お役に立ったらシェアしてね!

ボストンで見つけた文房具

ボストンでは、ボストン美術館にも行きました。
ニューヨークに負けず劣らずボストンもモネの絵画や美術品など見応えたっぷりでしたが、私がそれらに増してがっつり心奪われたのはボストン美術館内にあるおみやげコーナー。(笑)
そこで販売されていた文房具に一目惚れ!
このクラシックアメリカンなテイストが好きなんです。

スポンサーリンク

ボストン美術館

まず購入した場所であるボストン美術館はフェンウェイ・パークからも程近い、大学が居並ぶアカデミックな通りに位置しています。
赤い「mfa」のマークが目印。
mfa
立派な美術館です。
ボストン美術館
絵画や彫刻、調度品などの説明は詳しい人にお任せして、私が気に入ったのは「
Main Bookstore & Shop
」です。

Shops
Find the perfect keepsake or gift in any of the three MFA Shops in the Museum. Main Bookstore & Shop Located in the Druker Family Pavilion, the Main Bookstore a

メモ帳

百聞は一見にしかずということで、まずはメモ帳。
メモ帳3点
英文タイプとカメラと黒電話が描かれている表紙の手のひらサイズのメモ帳です。
角丸なところなど装丁もきれいで何度でも手に取りたくなる感触。

メモ3冊セットなんですが、それぞれの中身は、方眼、無地、罫線とタイプがわかれています。
3つのタイプ
どの種類をどうやって使おうか迷うし、そもそも使うことをためらいます。

デイリープランナー(手帳)

デイリープランナー
2015年版ではないので、日付を入れて好きなときに書き始められる手帳です。
大きさは先ほどご紹介したメモ帳より気持ち大きいサイズ。

デイリープランナーの中身

所々に昔の切手や切符の絵柄が散りばめられていて、それがかわいいのなんの。
マンスリー部分
日本郵便もある!
日本の切手も。

その他、ウィークリー欄と罫線ノート、チェックリスト、コンタクトページなどもあります。
終始一貫このテイストで統一されていて、使うのがもったいなさすぎる・・・

チェックリスト
こちらは巻末に販売店のURLが書いてあったので、載せておきますね。

Galison
Galison is an independent publisher offering stationery, greeting cards, journals, home office supplies, holiday cards and more. Shop our assortment today!

スタンプ

手帳やトラベラーズノートに押すのに最適なラバースタンプ。
スタンプ正面
RUSHって何に使うんだろう?急ぎの資料に押すのかな?

蓋を開けます。
スタンプオープン

このためにスタンプ台を日本で買いました(汗)トラベラーズノートの装飾に使えそう♪
スタンプ@

ウィークリーメモ(手帳)

次は場所を移して、ハーバード大学の生協で買ったハーバードグッズから。
「DAYMINDER」というタイトルがついてますが、一週間見開きの手帳です。

ハーバード大学DAYMINDER

月から金がそれぞれ1枠ずつ、土日が半分ずつ。
1日で書ける枠が大きいのと罫線があるのが日記帳のように使えそうでとっても機能的。
さすが学生生協なだけあって、立派なハーバードカバーとリングノート型なのに$5.98と価格も良心的。
これは2014-2015年でアメリカの大学の開始に合わせて9月開始8月終わりなので、すぐに使わないとだ。

DAYMINDER中身
合わせてボールペンも買ってみました。
ハーバード大学のロゴ入り。少しは頭が良くなればいいな。

ハーバードボールペン

あとがき 

アメリカではNYでも文房具屋さんを探したりもしたのですが、こういったステーショナリーや雑貨はボストンの方がすんなり売ってるところに辿りつけたかも。
NYにも探せばあったのかもしれないけど、小さいところしか見つからなかった…。
文房具は日本の方が機能も種類もはるかに充実している印象。やっぱり日本はすごい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー