D5300も入った!望遠レンズをつけたまま持ち歩けるカメラバッグがお気に入り。

お役に立ったらシェアしてね!

望遠レンズ付きで入った!

先日購入したNikon デジタル一眼レフカメラ D5300(ブラック)

持ち歩く前に真っ先に必要だと思ったのがカメラバッグ。
望遠レンズをつけたまま持ち歩くことが多いわけですが、なかなか望遠レンズをつけたまま入れられるほど大きなバッグがない。。

と諦めかけたところでネットで見つけたイギリスのブランド「HUGGER」のカメラバッグ。
かわいらしいデザインなのに細かいところまで配慮が行き届いていて、いいんです!

スポンサーリンク

HUGGER ズームバッグ/ホルスター全容

外観

正面から見たところ。
両面にポケットがついてます。肩にかけるのも、分厚いコートを着てなければ余裕かな。

正面から

上から。チャックを開けると、横に開くようにバッグの蓋が開きます。
真ん中のところにレンズを挿すように収納します。
鮮やかなオレンジの部分はカメラを衝撃から守るべく薄い緩衝材が入っています。
両サイドのポケットにはレンズの蓋やポーチ、レインカバーなどが入る余裕があります。

上から

充実の付属品

ショルダーベルトをつける

せっかく良さそうなカメラバッグを見つけても別売りが多いのが、ショルダーベルト。
HUGGERのバッグには当然付属。
重さがあるカメラを担ぐ肩の部分はしっかり補強されてます。
斜めがけの状態なら、両手が空くのでバランスよくカメラを構えることができます!

ショルダーベルトつき

ポーチとクリーニングクロス

SDカードや接眼レンズカバーなど小さくで失くしそうな小物を収納できるポーチがついてます。
ポーチはバッグの中のリングと接続できるので、バッグに付けたままで入れて持ち歩くことができます。

ポーチ

ポーチをひらいたところ。
ネットになっている部分にこれもついてきたクリーニングクロスが入れられます。さらに3個のポケット。
SDカードの予備やカードリーダーなども入りますね。

ポーチ中身

レインカバーまで!

ここまで〜!と感激したのが、カメラバッグにジャストサイズのレインカバーがついてきたこと。
雨に濡れて放っておいたらレンズにカビなど生えたら大変!
湿気から大事なカメラを守るべく、雨の日にカメラを持ち歩くことになる時にはカメラバッグをすっぽり包みます。

レインカバー

あとがき

私がカメラを買ったお店ではNikonの純正のバッグが無料でついてきましたが、とてもじゃないけど黒くてゴツくて持ち歩く気になれず…。
これだけ機能的でかわいいバッグがあれば、積極的にカメラを持ち出す気になれるってなもの。
野球観戦では他の荷物もあるので、カメラバッグはトートバッグの中にバッグインバッグ状態にして持ち歩いてます。
夏〜秋の行楽シーズン、これからカメラを持ち歩くことが多くなるようでしたら「HUGGER」のカメラバッグはイチ押しです!

商品情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー