ミュゼ体験記2〜いよいよ施術〜

お役に立ったらシェアしてね!

ミュゼプラチナム」の体験記第2回。
前回はカウンセリングの話を中心にしました。
今回はついに脱毛施術開始です。

スポンサーリンク




初の脱毛体験

予約時間より早く着いて、待ちあいのソファーに腰を掛けて待ちます。
そわそわ。
病院のように、予約の時間から大幅に待たされることはほとんどありません。
ほどなくして名前を呼ばれ、施術室に案内されます。

まず施術前にやっておくこと

事前に施術を受ける箇所については自分でシェービング(自己処理)をおこなっていく必要があります。
施術直前にシェービングをおこなうと肌に赤みが出る可能性があるので、私は前日におこなうようにしています。
Vラインの契約をした場合、「Vラインプレート」というものを渡されます。
Vラインについては施術範囲を決めるのが難しいので、プレートをからだにあてて事前にシェービングをしてから臨みます。
カミソリ+石鹸の処理は肌に負担がかかるので、シェービングは電動シェーバーをすすめられました。
例えば以下↓の製品のようなもの。
剃るパワーを考えると乾電池式より充電式のものの方が良さそうですね。

ブラウンなら

※追記 レビュー記事書きました!

電気かみそりブラウン シルク・エピル レッグ&ボディを使ってみた。
ミュゼプラチナムに行く前の事前処理用に電気かみそりの購入を考えていましたが、ついに買いました。(ミュゼプラチナムについての体験記はこちらから)男性の髭剃りでお馴染みのブラウン社製の シルク・エピル レッグ&ボディ(型番:LS 5500R) 

パナソニックなら

私は電動シェーバーを持ってなかったので、カミソリ+石鹸の処理でも問題ないかと別のスタッフに確認したら絶対にダメとは言われなかったですけどね。でも金銭的に余裕があるようでしたら、シェーバーを使ったほうが肌にはいいようです。

施術開始!

私の行った店舗では全て個室になっていて、それぞれの個室の施術台の奥で着替えができるようになっています。
店舗によっては施術室と更衣室が分かれている場合もあります。
Vライン施術もある場合は紙パンツを履き、用意されているガウンを着て施術台に仰向けに寝て待ちます。
スタッフが入ってきたらあとはなされるがままです。

施術内容

まずお手入れ箇所にジェルが塗られます。
レーザーを脱毛箇所に当てる際に光を発するので、目を保護するためにゴーグルをかけさせられます。
(もちろん怪しいもんではない)
そして照射。あたっている感覚はありますが、ワキについては痛みはほとんどないです。
ホクロやシミがある部分にはあてないようなので、その日状態の良い所を選んで照射される感じですかね。
ワキだけだと施術自体は約3分です。
終わったらジェルを拭き取りクールダウン、最後にトリートメントされたら終了です。

クールダウン中に次回予約の日時を決めます。
施術と施術のあいだは3ヶ月は開けないといけないので、

・今日から3ヶ月以降で
・生理にならなそうな日
・予定が入らなそうな土日

からなんとなく選んで予約を入れてしまいます。
だいたい予約が取れるのは日曜日の夜になってしまうんですけどね。
予約についてはWebから後で変更も可能です。
ただし予約は一度キャンセルすると近い日付や時間を取るのは難しいので、確実に行けそうな日時を選んでおいたほうがいいです。

施術を受けた感想

私は前回も言ったように敏感肌の持ち主であり怖がり、痛がり、くすぐったがりです。
両ワキについてはレーザーを照射されている感覚はあるものの、痛みを感じることはほとんどありませんでした。その後の肌トラブルはワキについてはないです。Vラインは一度ありますが、軟膏を塗って触らないようすれば治っていったので、身体にできるニキビのようなものだったのかなと思っています。
今まで5回施術を受けてますが、一番効果を感じることができたのは初回です。
明らかに毛が生えてくる量が変わったので。
2回目以降は自分が慣れてきてしまう部分もありますが、振り返ると自己処理の回数がかなり減っています。
肌は保湿に気をつけてあげれば今のところ順調です。
去年は昨年の秋からプールに通い始めたり、温泉やスーパー銭湯に行くことが多かったのですが、そういう時にこそ今までより自己処理が楽になったことを実感できます。
なかなか行き届かない部分であるところを定期的に手入れをしていることで、私は自分が「レディー」であることを自覚するんですよね。
それも案外いい時間かな。
トータルで考えてみて、私はミュゼを利用してみてよかったです。

これまではカウンセリング、施術と基本的なお話をしてきましたが、
次回はミュゼの会員であることのメリット、デメリットにも触れてみたいと思います。

脱毛の開始時期について

脱毛は気になる夏前にいきなり始めようと思っても、施術と施術のあいだは3ヶ月以上開ける必要があるので間に合いません。
加えて施術前にあまり汗をかかない方がよく、施術後のお風呂は湯ぶねに浸かれないなどの制約があります。
私は思い立ったのがたまたま冬でしたが、冬から始めたほうが気にする事が少なくてよかったと思っています。
興味を持たれたら、まずカウンセリングを受けてみてください。

▼カウンセリングの申し込みはこちらからおこなえます▼



私は思っていた以上にちゃんと話を聞いてもらえました。
直接肌に触れる部分に施されるものですから、納得いくまでカウンセリングは受けた方がいいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー