2015年ブログをやってて嬉しかった記事3つ

お役に立ったらシェアしてね!

ハッピーキャンドル
ハッピーキャンドル / pika1935

2015年がもうすぐ終わります。

毎度どんなネタを書こう?と書き始めるまでが大変なんですけど。。

時に私の記事で役に立ってる?と実感できたり、あったかい気持ちになれたり、勇気をもらうこともありました。

2015年に投稿した記事の中で、特にそんな気持ちにさせてもらった記事を3つ紹介します。

スポンサーリンク

シェアじゃなくてPocketがたくさんついた!

記事を書いていたら、Twitterで拡散されたり、Facebookでシェアやいいね!をしてもらえると数字として表れるので励みになります。

私はTwitter、Facebook、はてブの他に「Pocket」というあとて読むサービスもカウントしています。

Pocket

Pocket
開発元:Read It Later, Inc
無料
posted with アプリーチ

2015/12/31時点で80Pocketされているこの記事。

PocketからEvernoteへシンプルにWebページを保存するコツ
PocketからEvernoteへシンプルにWebページを保存するコツ

この記事は、Pocketした記事はアプリからEvernoteに渡すとEvernoteに綺麗に保存できるよという内容。

特に別にアプリや細かい設定が必要なわけではない気づきをいち早く記事にできました。

Facebookやはてブはほとんど付いてないのに、当ブログの中で一番Pocketされている数が多いのがこの記事をとっても象徴してると思うんです。

投稿する前からこれは反応あるんじゃないかと思いながら書いた記事だったので、狙い通りに数字を獲得できたことは自信になりました。

フランク三浦さんに届いた!

ブログをやってて嬉しいことは、作者やお店の人にその記事が届くこと。

この記事では現在も愛用しているiPhone 6 Plusの手帳型スマホケースつば九郎バージョンを紹介しました。

フランク三浦のスマホケースがふざけてるのにかなり優秀な件
フランク三浦のスマホケースがふざけてるのにかなり優秀な件

投稿してまもなくたくさんの方にリツートしていただいたら、スマホケースの生みの親であるフランク三浦さんからも反応が。

つば九郎がスマホケースに「つばくろう」といつものサインをしてくれたんですが、勝手に「みうら」ってサインも書き足したんです。

この反応は記事の中身を確認していないとつぶやけない内容で、しっかり記事を読んでくださったことがわかりました。

つば九郎の遊び心がフランク三浦さんに届いた!その橋渡しとしてブログが存在できたことがとても嬉しかったですね。

直接お疲れ様、美味しかった気持ちを伝えたかった。

そして2015年一番心震えたのはスコーンのことを書いたこの記事。

クロテッドクリームでスコーンが理想!日本でクリームティーを愉しみたいのに…。
クロテッドクリームでスコーンが理想!日本でクリームティーを愉しみたいのに…。

たまたまお店を訪れた日が、閉店する前日でした。

最後に食べることのできたスコーンは本当にあったかくて美味しくて、えーこれがもう食べられなくなるなんて残念と素直に書いたわけですが…

後日このツイートがあったことを知りました。

私はこのツイートを見て、喜んでいただけたことを感じられた嬉しさがある一方で後悔もしました。

あ、この店気になる!と思ってお店に行っても、生来の人見知り根性が出てしまい、お店には何も言わないまま写真撮って記事にしてしまうことも少なからずあります。

このできごとがあってから、記事にしたいと思った時は会計の時にでもなるべく美味しかった、ありがとうの気持ちを伝えてからブログに掲載する許可を取るようにしています。もっとお店やそこで働く人と心の交流をしてこそ記事も生きてくるのではないかと。

自分ではない誰かがやっていることを「伝えよう」としている以上、その相手に対する敬意を忘れてはなりません。

あとがき

2015年も無事にブログを書き続けることができました。

時折ブログに目を留めて記事を読んでくださった皆様、ありがとうございました。

忙しさにかまけて更新頻度が少し下がった時期もありましたが、もう一度決意を持って立ち上げた自分のブログ。そう簡単に辞めたくないし、諦めたくない。

2016年もブログをやっててよかったと思えることがひとつでも多くありますように。

そしてここまで読んでくださっている皆さんにも心躍るできごとがひとつでも多くありますように。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
くるみ
老後に不安を抱きながらもいまを楽しく生きたいアラフォーひとり身。→[詳細プロフィール] 埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー