エア・カナダ2014

お役に立ったらシェアしてね!

ナイアガラへは羽田空港からトロントまでエア・カナダで。
7月から羽田就航になったので、ちょっとだけ楽に。

【参考】エア・カナダ 公式ウェブサイト:運航状況、航空券、お得な情報、レンタカー、ホテル、バケーション
Air Canada

スポンサーリンク

航空券の予約

エアチケットを買う時にいわゆる「格安航空券」を扱う代理店も見たのですが、何かあった時に航空会社直のほうが話が早そうなのでエアカナダで直に予約しました。
エア・カナダはスターアライアンスのメンバー。予約時には忘れずにANAのマイレージ番号を登録します。
ANAのマイレージ、エア・カナダのエコノミー タンゴという一番運賃の安いプランにしたので、加算されるマイレージは50%。
羽田 – トロント- ニューアーク(NY) – ボストン と往復でも6,695マイル。飛んだ距離にしては少ないのは仕方ないか…。

機内食(羽田→トロント)

乗ってすぐのアペタイザー。塩が少しかかったプレッツェル。
オレンジジュースとアペタイザー。
はじめの食事。チキンを選択して照り焼きチキンと白米、豆サラダ、ストリベリーケーキ。
飲み物は白いワインにして、寝る体制。
テリヤキチキン、ごはん、豆、ストリベリーケーキ。
朝食はオムレツとフルーツ。
エア・カナダ機内食朝食オムレツ

機内食(トロント→羽田)

はじめの食事。前日に美味しいビーフを食べていたので、チキンを選択w白ワインと共に。
ホワイトソースがかかってた。アメリカではグラタンなどはあまりお店で食べる機会がなかったので久しぶりでよかったけど、胃もたれしたw
チキンホワイトソース、サラダ、ブラウニー。
最後の機内食。もう胃もお疲れなので、おかゆを選択。デザートはメロン。(
ついてきた塩をかけないとほとんど塩っ気のないおかゆ。塩加減はお好みでってことかな。
おかゆ
機内食は総じて悪くなかったです。北米は今はなきNWを使うことが多かったのでそれに比べたらもう…十分です。(注:主観です)

機内のエンターテイメント

映画は予習・復習に最適

映画を往復で3本見ました。
By LanguageでJapaneseを選択すれば、邦画も洋画も吹き替えで観れます。
劇団ひとり監督の「青天の霹靂」、綾瀬はるか主演「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」、「マンマ・ミーア!」。
マンマ・ミーア!はNYでこのミュージカルを観る予定で復習していこうと思ってましたが行きには寝すぎてしまい観れず!帰りに復習がてらちゃんと観ました。
ミュージカルではこんな感じだったなーとか思い出しながら観ることができたのでそれはそれでよかったかな、と。
邦画は英語字幕付き。
日本語の口語が英語ではこの単語でOKなんだ、というのを確認できるので行きに観るのがオススメです。

ちなみに、エア・カナダのウエブサイトでは自分の搭乗する日と便を選択するとその飛行機で観ることができるプログラムを調べられるようです。
これはそのうち機内で観られるから事前にDVDレンタルで観なくてもいいかーなんてこともできるわけですね。

【参考】Inflight Entertainment | Air Canada enRoute

その他は対戦型のオセロをやったり、ベルリッツ監修の英会話教材で事前に英語の勉強したり。

あとがき

8年前に比べたら飽きさせないコンテンツが増えていて機内の過ごし方も楽になったもんです。
今回はスターアライアンス系の飛行機を使って行きたかったわけですが、Unitedはエコノミーの座席の椅子が硬いと聞いて断念しました。
半日も過ごす機内ですから、エアラインは快適さ重視で選びたいですね!

ナイアガラ紀行へつづく〜

ナイアガラについては以下の記事もどうぞ↓↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー