映画『るろうに剣心 伝説の最期編』堪能!【ネタバレあり】

お役に立ったらシェアしてね!

るろうに剣心 伝説の最期編

9月13日にロードショーになった、映画『るろうに剣心 伝説の最期編』を観てきました。
9月1日に『るろうに剣心 京都大火編』を観てから2週間。前編はとにかく続きが気になる終わり方だったので、早く観に行きたくて。
今回は前編の最後に登場した剣の師匠・比古清十郎役に福山雅治が登場しています。
ちなみに私は原作未見。前作は観ている程度、福山ファンという目線込みです。

前回の感想が気になる方は↓からどうぞ。

スポンサーリンク




師匠・比古清十郎登場

海岸で師匠・比古清十郎に助けられた剣心。師匠に剣の教えを請います。

福山の声の低音っぷりが剣の師匠という存在感に重みを増してました。声って重要な要素ですね。
所属事務所「アミューズ」でも先輩後輩の間柄の福山雅治と佐藤健。
年齢差的にもちょうど師匠と弟子の関係にハマってました。
るろうに剣心と言えば、戦いのスピーディーさが信条な作品であるわけですが、比古清十郎との時間はゆっくり流れていきます。
いずれ志々雄との対決が控えているのは前編からの流れでわかっているのもあって、このパートはじっくり二人の技や掛け合いを堪能する場面なのかなと解釈していました。
私は福山雅治も佐藤健も好きなので贅沢な時間でしたが、さしあたってファンでもない人はここ長いって感じなかったろうか…

福山師匠と剣心の殺陣はお見事。龍馬伝のキレが取り戻されていて安心しました。
陶芸が趣味っていう師匠の窯焼きのシーンにはほっこり。(笑)

剣心、再び戦いの道へ

紅い袴を纏った剣心、ここからは剣心を倒したい刺客と剣と剣の真剣勝負が次々と繰り広げられます。
蒼紫(伊勢谷友介)と宗次郎(神木隆之介)との対峙で、師匠の教えによりパワーアップした殺陣の見応えは最高潮。
技とかよくわかんないからとにかく凄いとしか言えないんだけど、剣を振り下ろす身のこなしとかそういう部分に惚れ惚れする感覚。

やがて黒船を彷彿とさせる船が砲撃を浴び、沈みゆく船とラスボス志々雄の火傷によるタイムリミットが迫る中のギリギリの戦い。
この辺りは原作とはだいぶ違った監督オリジナルの部分が多く賛否両論のようですが、志々雄など敵陣も味方である斎藤一(江口洋介)など、映像的に物足りないことは一貫してありませんでした。大友啓史監督の描く世界が自分の肌には合うんだろうなと。やられても血を吐いても死なない生命力に感服しつつもしっかり堪能できました。

あとがき

るろうに剣心の前作と今回の京都大火編+伝説の最期編。このシリーズがこれで終わってしまうのは本当に寂しい。
素晴らしい作品でした。
最後に剣心と薫との関係もあやふやにしていないので、納得の完結です。
これはぜひ映画館で観て欲しいです。前編もまだやってますので、必ず京都大火編を観てから映画館にGOしてくださいね!

余韻に浸りたいあなたに

写真集

2015年カレンダー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー