ポーチに財布、ボディバッグまで!京都・あやの小路のがま口コレクションを紹介してみる。

お役に立ったらシェアしてね!

化粧ポーチをある時がま口ポーチに変えてみてから、その可愛さと使いやすさにがま口LOVE♡なわたくし。

がま口化粧ポーチ

がま口熱は、さらに京都や東京都内のお店を訪れる度に加速。

いまやがま口を持ってお出掛けしない日はないほどに。

これまで集めたがま口コレクションの一部を練習中のデジタル一眼レフカメラ(Nikon D5300)で撮ってみました。

スポンサーリンク

お気に入りはあやの小路のがま口

一番初めに出会ったのはあやの小路のがま口ポーチでした。

京都・祇園に行った時に店舗に行ってそのディスプレイに一目惚れ。

がま口ってガバっとひらくので、思っていたよりたくさん化粧道具が入って中身が探しやすい!

がま口化粧ポーチオープン

私は今はベージュのレースがあしらわれたタイプのものを使ってますが、単色のものから和からファンキーな柄物までたくさんの柄の中から好きなタイプのポーチを選ぶことができます。

京都の本店にも行ってみた!

昨年の秋にはついに京都・岡崎にある本店へ行ってきました。

岡崎本店

京都の歴史ある家屋を改装して店舗にしたというその店構えは、おしゃれそのもの。

外壁にディスプレイ

店内はこぢんまりとした中でも趣がありました。

記念に購入したのがiPhone 6 Plusがちょうど入るポーチ。

がま口yellow poach

最低限の持ち物を持ちだして近所へ買い物に行くのに重宝してます。

がま口といえばお財布!

これまでお財布は長財布、3つ折りタイプといろいろ使ってきました。

ポケットやカード入れが多いとついついレシートや領収書を溜め込んでしまい不格好に。

仕事で現場の立会いを終えた後にその足で小銭を取り出して飲み物を買うといったことも多いので、小銭入れとお札・カード入れは別々に持つことにしました。

小銭入れと長財布

小銭入れと長財布

長財布

長財布は、左側のファスナーポケットに小銭も入らないわけではないんですが、たくさん貯めこんでしまうとがま口が締まりづらくなります。

長財布オープン

レシートや領収書を整理する時に釣り銭でもらった小銭も一緒に整理します。

小銭入れ

小田急百貨店新宿店でも販売されるようになりました。

最近購入した新小銭入れがこちら。

裏面には透明のポケットがついていて、ICカードやポイントカードなどを仮収納できます。

小銭入れ(裏)

表のポケットにはリングがついていて、鍵などもつけられます!これは便利。

小銭入れ、鍵を付けられる

中の収納力もパワーアップ。よくコンビニで使うクオカードやポイントカードは中のポケットに入れています。

小銭の取り出しにくさも解消されました。

小銭入れ中身

厚みはこのくらい。

小銭入れ横から

ボディバッグもがま口

両手が空いて手軽に持ち出せるボディバッグもがま口が便利なんです。

ボディバッグ横

下のポケット部分ががま口で手前に引くと開きます。

ボディバッグ開く

お財布、スマホ、ハンカチ…など身の回りのものはひととおり入るので、プライベートで出掛ける時には一番使ってます。

撮影のために壁掛けしてみたり。

ボディバッグ壁掛け

普段はしてないけど。

あとがき

観光地を歩いているとがま口のポーチやバッグなど売っているお店がたくさんあります。

その都度手にとってついがま口を開け閉めを確認しますが、あやの小路のがま口を締めた時のパッチンの感触が一番好きです。

京都にしかなかった店舗も都内や都市部にもだいぶ取り扱い店が増えてきたので、気になったらポーチやお財布から試してみると製品の良さを実感できると思いますよ〜。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
くるみ
老後に不安を抱きながらもいまを楽しく生きたいアラフォーひとり身。→[詳細プロフィール] 埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー