FMラジオ対応ICレコーダー(ICD-UX560F)を仕事に防災に常に持ち歩く。

ライターの仕事でICレコーダーは必需品です。

iPhoneにもボイスレコーダー機能があるし事足りるのですが、取材相手への礼儀だったり、もし取材途中に通知や電話がかかってきたら録音が途切れてしまうので、そのうち買わなきゃな〜と思ってたんです。

機種や機能を調べるうちに、ソニーのICレコーダーならFMラジオが聴けることがわかりました。

もうこれは早めに買ってとりあえずラジオとして使いはじめねば。

スポンサーリンク

ワイドFMでTBSラジオや文化放送が聴ける!

平成26年からワイドFM放送が開始されました。

いままでAMラジオでしか聴けなかったTBSラジオ、文化放送、ニッポン放送などがいまはFMでも聴けます。

2014年より前に発売されたラジオだと、FM放送は受信できてもマニュアルで追いかけられる周波数がワイドFM対応のものではないため、結局これまでAMラジオはAMラジオの周波数でしか聴いたことがありませんでした。

現在はスマートフォンのradikoでラジオ番組をリアルタイムにクリアな音声で聴けますが、スマートフォンで音声を再生する動作は電池を思いの外消耗します。

そして私のお気に入り番組のTBSラジオ・安住紳一郎の日曜天国だけはリアルタイムradikoで聴けてもタイムフリーでは聴けないなどややこしい事情もあったりするので、ラジオを聴いていて手が離せない時は録音もできる環境は願ったり叶ったりだったのです。

画像はブラックですが、(S)シルバー、(B)ブラック、(N)ゴールド(P)ピンクの4色あります。

私が購入したのは(N)ゴールドです。

FMラジオ対応ICレコーダー(ICD-UX560F)外観

FMラジオ本体

イヤホンの口は本体の上にあります。有線のイヤホンやヘッドホンを接続しましょう。

コードがアンテナ代わりになります。

サイド

電源と音量調節、USBの繰り出しスライドは側面から。

USB

電池式だと電池の購入が必要になりますが、USB接続によってスマートフォン用のモバイルバッテリーから給電できたり、内蔵HDDに保存されたデータをPCにコピーすることができます。

持ち歩くときは、付属のカバーに入れると本体が擦れるのを防げます。

ケースに入った本体

地域設定にないFMラジオ局の設定方法

地域設定から都道府県を選べば一括でラジオ局を登録できますが、ワイドFMについてはひとつずつ受信をしてプリセットに追加する必要があります。

ラジオ局ワイドFM周波数AM周波数
TBSラジオ90.5 MHz954 kHz
文化放送91.6 MHz1134 kHz
ニッポン放送93.0 MHz1242 kHz

本体にイヤホン(ヘッドホン)をつなぎ、FMラジオを選びます。

本体の再生ボタンを押すと、FMラジオを受信します。

FMラジオ

ラジオを受信しながら周波数を調整するときは▲▼で調整します。

クリアに聴ける周波数に合わせられたら、オプションボタンを押します。

周波数調整

「プリセットに登録」を選ぶと、次回はプリセットリストからラクに選局することができます。

プリセットに登録

ICレコーダーに特化した機能を知りたい方は姉妹サイトでレビューしたので、下記リンクをごらんください。

【関連】ICレコーダーにFMラジオ対応機種(ICD-UX560F)を選んだ理由 | くるみる

【参考】ICD-UX560Fシリーズ | ICレコーダー/集音器 | ソニー

筆者のプロフィール

くるみ
くるみ
Webサイト編集、フリーライター。遠征先でご当地グルメを堪能しているときが一番しあわせ。→[詳細プロフィール]
埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう