札幌でジンギスカン!クセがなくて旨い!

お役に立ったらシェアしてね!

最近苦手を克服してから急速に好き度が増してきたジンギスカン。
札幌はラーメン、スープカレーと美味しくて有名なものが目白押しで、人によって好き嫌いのあるジンギスカンはどうも後に回されがち。
このたび本場札幌で、ようやく生ラムを食することができました!

ジンギスカン

スポンサーリンク




お店の場所

最寄りはすすきのです。狸小路のアーケードからほど近く。
明るい時にまた通りかかったので看板写真撮ってみました。
地図を見たら迷わず行けます。

外観

中の様子

扉開けるとすぐ厨房を取り囲むカウンター席が目に入ります。鉄板からは煙がモクモクと。
持ち物に匂いがついてしまうので、入ってすぐのところにあるロッカーに荷物をしまいます。
松尾ジンギスカンでもそうでしたが、ジンギスカンのお店の作法なんですかね。

さぁ焼くよっ

こちらのメニューから選びます。

お腹空かしてやってきたので、ちょっと贅沢に「
特選ラム肩ロース
」。

特選ラム肩ロース

もうひとつはオーソドックスに
ジンギスカン(肩ロース)
を1人前ずつ注文。
ラムカルビが数量限定で売り切れだったのが残念。
ネギや玉ねぎと一緒に焼いていきます。

ジンギスカン

特選のお肉なので、少し赤みが残るくらいでも食べられますが鉄板が熱くて目を離しているスキにすぐ焼きあがったw

焼けたジンギスカン

鉄板のそばでカメラ構えていると熱いので、手がぶれぶれ(^^;
気を取り直して男梅サワーとお通しのもやしナムル、醤油と味噌ベースのタレで。
塩や一味などでもいただけます。

タレ

それでは、いただきます!

特選ラム肩ロース、こんなに柔らかいんだ!
ジンギスカンの肉はけっこう歯ごたえあるイメージでしたが全然そんなこと無い。
適度なお肉の弾力です。
こんなに美味しいラム肉は私のジンギスカン歴ではまだ出会ってなかった。
私の中では暫定一位。これを超えるジンギスカンにはこれから出会えるのだろうか。
特選じゃない方でも十分美味しい。なにしろラム肉のクセが全然無いです。
いくらクセがない、ないといっても後味でそこはかとない獣っぽさが残るかと思えばそれもありませんでした。
通常の焼き肉と違って脂っぽくはないので、ヘルシーですね。
肉のボリュームがあったので、女二人肉一人前ずつでほぼ満足してしまいました(笑)

意外にリーズナブル?!

お酒は1杯しか飲まなかったのもあって、なんとひとり2000円ちょっとで会計済みました。
ジンギスカンは肉を頼むと野菜(玉ねぎ、ネギ)は別途頼まなくてもついてくるので、プラスライスでほぼ満足。
改めてメニューをみたら、お一人様用のセットなどもメニューにあるようで、カウンターで人目を気にせずひとりジンギスカンもできそうです。
関東ではなかなか価格に見合う生ラムにはなかなか出会えないので、札幌が恋しくなりそうです。

お店の情報

ひげのうし

夜総合点★★★★ 4.0

<

p style=”color:#444444; font-size:12px;”>
関連ランキング:ジンギスカン | すすきの駅(市電)すすきの駅(市営)資生館小学校前駅

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー