【今治】センザンキ、ふぐザク「居酒屋割烹音羽 」で愛媛名物に舌鼓

お役に立ったらシェアしてね!

しまなみ海道の四国側の玄関口、愛媛県今治(いまばり)市。

今治駅の近くのホテルに一泊することになり、フロントのお姉さんに

「愛媛っぽいものを食べられるお店を教えてください」

と頼んで教えていただいたお店「居酒屋割烹音羽 」さん。

はじめての場所の飲食店の情報は地元の人の口コミが確実!

というわけで、突撃しました。

スポンサーリンク




今治といえばセンザンキ

今治の名物は鶏です。

今治市内は焼き鳥屋も多いですが、居酒屋なら焼き鳥も「センザンキ」も食べられます。

「センザンキ」とは唐揚げのことです。

センザンキ

切り身大きめで鶏皮までカラッと揚がったセンザンキ。

ハイボールのおつまみにサイコ―!

きっとビールにも合います。

ハイボール

ふぐザク?

カウンターにいて目の前のおすすめメニューで真っ先に気になったのが、ふぐザク。

スペシャルメニュー

ふぐといえば山口県下関市が有名ですが、愛媛県の新居浜市も日本屈指のふぐの漁獲高を誇るそう。

その新居浜の名物として広まっているのが「ふぐザク」です。

ふぐザク

ふぐの皮と

ふぐの皮

あんこうの肝よりまったり感のある、カワハギの肝

カワハギの肝

青ネギ、ポン酢、もみじおろしのコンビネーションがたまらない!

ふぐも肝も新鮮で感激するほどおいしい。

【参考】ふぐざく | 新居浜市 | 観光・物産情報 | 松山空港

出汁巻きたまごもフワフワ!

ふぐザクがさっぱり酸っぱい後味だったので、あったかくてまったりしたおつまみをと目を付けたのがチーズ入り出汁巻きたまご。

卵をたっぷり使って作られた卵焼き。

巻の隙間からチーズがトロトロ~と溶け出してきて

チーズ入り出汁巻きたまご

口当たり滑らか。

鶏が美味しいということは、その鶏から生まれる卵も当然美味しいわけで。

普通は何人かでシェアして食べるほどの量でしたが、ペロリひとりで平らげました。

あとがき

ふぐも居酒屋の定番メニューも、丁寧な仕事が垣間見える料理の数々でした。

鰻もメニューのトップにあったので、再訪の機会があれば攻めてみたいところです。

ごちそうさまでした(^^)

お店の情報

今治駅から徒歩7、8分程度。

夜は周りが暗いですが、路地裏にぽっと明かりがあったらお店です。

音羽外観

店名 居酒屋割烹音羽
所在地 愛媛県今治市南大門町1-2-1
地図(Google MAP) クリックして表示

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー