ソフトバンクから格安SIMへMNP!損しないための2つのチェックポイント

お役に立ったらシェアしてね!

SIM cards
SIM cards / kalleboo

ソフトバンクのiPhone5や5sを使用している方は2年契約で月月割などの恩恵を受けている方が大多数だと思います。
次の新しい機種にはいわゆる2年縛りが解ける「更新月」にMNPしようと計画している方も多いと思いますが、MNPする「日」についても注意が必要です。

スポンサーリンク

更新月は初めてソフトバンクと契約した月の翌月、月の締め日以降

My Softbankで確認します。

契約内容の確認 変更|ソフトバンクモバイル

私の場合、iPhone5sは2013年9月に発売してすぐ買っていたので、2015年9月が更新月かなーと勝手に思ってました。
でも一番はじめにiPhone3GSを買ったのが2009年12月末で、そこからずっとソフトバンクで機種変を重ねてきました。
なので自分の更新月の開始は1月11日から1ヶ月間でした。

更新月は現在のiPhoneを買った翌月月初からではなく「初めてソフトバンクと契約した月の翌月、月の締め日以降」なんですね。
機種変を重ねると自分の更新月があやふやになってくるので確認しておきましょう。

更新月開始から1ヶ月以内にMNPや解約をしないと、契約解除料9,500円が発生します。
契約解除料も消費税が8%かかってくるので、現在は税込10,260円です。
一万円超えると高いって余計感じますね。
更新月までソフトバンクの解約を待てるのであれば、更新月中にMNPや解約を完了させましょう。

パケット定額「パケットし放題フラット for 4G LTE」は日割り不可

他社からのMNPでソフトバンクに移ってきた方は「パケットし放題フラット for 4G LTE」の契約をしている方も多いですよね。
”フラット”がついていない「パケットし放題 for 4G LTE」というプランもありますが、このプランにすると月月割がなくなってしまうので、だいたいパケットし放題フラット for 4G LTE(フラットの付いている方)だと思います。

この、フラットの付いている契約は日割り計算の対象外です。
例えば毎月10日が締め日の場合、今月ですと11月11日にまだ契約が残っていると、たとえモバイルデータ通信を全く使っていなくても11月1ヶ月分の税込5,460円かかってしまいます。

更新月の最終日までにMNPを完了するか予め”フラット”じゃないプランに変えておく

今回私は、契約解除料が10,260円がかかってしまうのはしかたないとして、MNPが11月10日に完了するかギリギリな状況で音声付きSIM(IIJ)にMNPする行動に出ました。
キャリアからキャリアのMNPなら転出先の手続きはだいたいキャリアのショップ(docomoとかauとか)でおこなうのでその日中にMNPが完了しますが、ネットで購入する音声付きSIMにMNPする場合はどうしてもオンライン・郵送による手続きの時間がSIM購入から最低5日間はかかります
Softbank回線が使用停止になる日が締め日の翌日以降(私の場合11日)にならないように、少し余裕を持ってMNPをおこないましょう。

あとがき 

現在11月8日、私はただいまソフトバンクの電話停止予告のメール待ち。
このメールがくれば明日9日にソフトバンクの回線が停止するのでMNP完了に間に合うんだけどな。
ちょっとやきもきしてますw

ちなみに今回買ったSIM

080や090の今使っている電話番号をMNPできてSMS利用、モバイルデータ通信が月2GBまで使えて、月々税込1,728円の維持費でスマホ持てます!
SIMフリーのiPhoneやドコモの白ロムスマホに挿入して使うことができるので、使い方に応じて月々の使用料を最小限に抑えることができます。

BIC SIM音声通話パック ※返品・交換不可

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー