国内用Wi-FiレンタルならJ-WiFiをまた使いたいと思った理由とは?

Wifi

東京23区内のマンションに引っ越しを決めてからすぐNuro光を申し込んだのに、Nuro光が使えるようになるまでには約2ヶ月かかりました。

我が家にNuro光が来るまでお世話になったのが国内用のWi-Fiレンタル

iPadで動画を観る程度の使い方ならまったく問題ありませんでした。

1ヶ月使い切る頃ようやくNuro光の開通のメドが付いたので解約しましたが、ずっと使い続けてもよかったかも?と思うくらいメリットが多かったので紹介します。



スポンサーリンク

おすすめの機種はWiMAX 2+が使えるW04

自宅にNURO光を導入したら月々の利用料が5,200円ほどです。

Wi-Fiレンタルをするならそれと同じくらいの価格でと思っていたのと、J-WiFiの公式ページで1番人気というソフトバンクの機種は1日3GBまでの利用制限があります。

先日新幹線の中でスマホの中に入っている格安SIMのテザリングでPCをつなげていたら、小一時間ネットサーフィンをしていただけで約1GBもデータ量を消費していました。

3GBなんて3時間もネットサーフィンをしているだけで使い切ってしまうデータ量です。

携帯性があって月間通信無制限でもより安心して使えるのはau UQWimaxのW04です。

【参考】au UQWimax[W04]レンタル詳細

WiMAX 2+は3日間で10GB利用を超えなければ利用制限はかかりません

また、新幹線の中などWiMAX 2+が使えないエリアはau 4GLTEが月7GBまで使えます。W04はWiMAX 2+しか使えない機種より使えるエリアが増えているのはありがたい。

Wi-Fiをレンタルにするメリット

外出時に持ち歩いてエリア内ならどこでも使える

空いた時間にちょっと仕事したいときには安心して高速無線LANが使えるコワーキングスペースを利用するのですが、土日の日中時間帯は混んでいることも増えてきました。

そうなると他のコワーキングスペースを探すよりは、とりあえず席が確保できたカフェで腰を落ち着けてしまうともう動かなくてもいいか、となってしまいます。

手元にWi-Fi環境があれば、座ってPCを広げる場所さえあればどこでも作業場です。

すぐ始められていつでも止められる

Wi-Fiや光の契約にありがちな2年縛りで契約途中に解約すると違約金がかかるといったわずらわしさがありません。

機器敷設の工事・撤去などもないので、手元に機器が届けばすぐ使い始めることができてレンタル期間が終わったらポストに返却するだけです。

最短1泊2日からの契約で、契約終了日を過ぎて延長したいときはレンタル終了日の2営業日前までに、電話かメールで連絡します。

【参考】契約縛り、端末代金無しのWiFiルーター!【J-WiFi】

月間通信無制限で税込月額5,990円

30泊31日で契約した場合のレンタル料は月額5,990円です。

ソフトバンクのデータ定額50GBの料金は¥5,980なので、10円の違いで5,990円で4G LTE 7GBに加えてWiMAX 2+エリアでは無制限で利用できるので大手キャリアの通信料よりはデータを使い切ってしまうリスクはかなり少ないことに。

データ通信量を全てWi-Fiレンタルに任せて、スマートフォンの通話の契約は音声通話の格安SIMの1GBプランにすれば月の通信料は7,000円台に抑えることができます。

【関連記事】ひとり暮らしの通信料の節約方法は生活スタイルで大きく変わる

Wi-Fiレンタルのデメリットになりえること

3日間で10GB超えると翌日夜間帯に利用制限がかかる

一番考慮すべき点は直近3日間で10GBを超えると、超えた翌日の18時頃から翌々日の2時頃まで通信速度が上下最大1Mbps程度に制限がかかることですね。

一番通信を使いたい帰宅後の時間帯に利用制限がかかるのが痛いですが、データの使用量が多い作業をするときはコワーキングスペースに行ったり、PCのバックアップは外付けHDDを使って実施するなど通信量を節約しながら使う意識を持っていればクリアできるのではないでしょうか。

ここはうまく付き合っていくしかありません。

ちなみにわたしがWiMAX 2+を1ヶ月使ったときは、ネットサーフィンやブログ更新などふつうに使っているだけなら利用制限がかかるようなことはなかったです。

むしろ毎日Amazonプライム・ビデオで映画を見るといった使い方をする人はいさぎよくNURO光を契約しましょう。笑

送料税込1080円(関東は990円)は別途

機器の配送と返却の送料はレンタル料金とは別途かかります。

通常送料990円って聞くと、え、高いって一瞬思いますが機器が送られてくる送料と返却する送料が一緒と思ってください。

機器を受け取る時はクロネコヤマトの宅急便で時間指定可、返却はレターパックに入れて郵便ポストへ入れるだけで返却できるので手間を考えるとむしろ良心的な価格設定です。

国内用Wi-Fiレンタル向きな人

仕事で外出や出張が多い

ふだんは家族と一緒に住んでいて、自宅にいる時は自宅の環境のWi-Fiにつなぐことができるが、とにかく仕事で外出や出張が多い人。

以前の私がそうで、電車での移動時間や社外での作業が多かったので当時から国内用Wi-Fiレンタルのサービスが確立されていれば契約していたと思います。

シェアハウスに住んでいる

シェアハウスやソーシャルアパートメントはだいたい施設内には高速無線LANが通っていて月々の家賃に光熱費や通信料も含まれていることが多いですが、顔見知りの人が施設に増えると落ち着かないことが多くなりますよね。わたしがそうでした。

食事を外で済ますと必然的にカフェで落ち着くことが多かったのでこのときもWi-Fiレンタルがほしかったです。

急に入院することになった

入院するとTVもカードを購入して観るといった環境になってしまうので、ノートPCはお友達状態になります。

スマートフォンは電話なので病室で使っていると周りの目も心配ですが、Wi-Fi通信機器の利用については一般病棟なら制限されません。

Wi-Fi通信環境とスマートフォンがあればそれだけで地上波・BS・CSTVを観られる環境も作れますし最近は有料の動画配信サイトも増えました。

【関連】【2018年度版】プロ野球ライブ動画配信・中継を観る方法まとめ

契約時は本人確認不要で当日16時までの申込みで当日発送になるので都内や隣県なら翌日受け取ることも可能です。

WiMAX 2+のエリアをお試ししたい人

WiMAXはWiMAX 2+になっても、屋内の奥まったところだと電波が届きにくいと言われています。

WiMAX 2+を契約したいときにも、UQでWiMAX 2+機器のレンタルを受けるとUQでの契約前提になってしまい契約しろしろ攻勢が怖いですが、1泊2日から実際使いながら確かめることができます。

WiMAX 2+も問題なく利用し続けられることがわかったら、WiMAX 2+を本格的に継続利用することを考えれば後戻りせずに済みます。

J-WiFiからレンタルすることに決めた理由

わたしがWi-FiレンタルをJ-WiFiに決めた理由は、競合他社より一番レンタル価格が安くてWiMAX 2+の機種をレンタルできたからです。

実際1ヶ月とちょっと使ってみて、機器の配送から利用、返却まで一貫してスムーズでなんの問題もありませんでした。

Wi-Fi環境をすぐにでも手に入れたくて困っているかたにはJ-WiFiでWi-Fiレンタルを自信を持っておすすめします。



筆者のプロフィール

くるみ
くるみ
Webサイト編集、フリーライター。遠征先でご当地グルメを堪能しているときが一番しあわせ。→[詳細プロフィール]
埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう