【2018年9月】Wimax 2+と格安SIMプランで通信料を最安にするには?

Eyecatch device

そこそこデータ通信を使い倒しつつ月々の通信料を抑えたければ、データ通信はWiMAX 2+を使える契約にしてスマートフォンは格安SIMの音声通話ができる最小プランににすることです。

2018年9月に契約する前提で、どのプランの組み合わせで契約すれば一番安くなるのか調べてみました。

スポンサーリンク

格安SIMの音声通話プランで最安はイオンモバイル

格安SIMの月額利用料を抑えられそうな、音声通話1GB以下のプランを取り扱っている主な業者の月額料金を安い順にまとめてみました。

格安SIM業者プラン名と月額利用料
イオンモバイル音声500MBプラン 1,130円
音声1GBプラン 1,280円
DMMモバイル
ライトプラン 1,140円
通話SIMプラン 1GB 1,260円~
DTI SIM音声1GBプラン1,200円
LINEモバイル
LINEフリープラン(データ1GB+SMS+音声通話)1,200円

月額料金が一番安かったのはイオンモバイルです。

とりあえずSIMが挿してある状態でよければ音声通話は月500MBプランでも全く問題ありません。

第2位のDMMモバイルの「ライトプラン」の最大通信速度は200Kbpsです。

200Kbpsの回線速度はブラウザでネットサーフィンを続けるのはつらいですが、TwitterやLINEでのテキスト通信中心のやり取りなら問題ないレベルです。

各社スマートフォンで電話を受けられる状態にしておくだけなら月額1200円前後で実現可能ということがわかりました。

Wimax 2+は3年未満で解約なら@nifty、3年間絶対使うならSo-net

Wimax 2+は@nifty、So-net、DTI、BIGLOBE、GMO、UQWimaxの5社が取り扱ってますが、トータル利用料を考えると価格は@nifty、So-netの一騎打ちです。

機種を「WX04」のクレードル付きを選択したときにかかる費用を比較しました。

【3年ギガ放題で比較】

サービス内容【@nifty WiMAX】
【So-net モバイル WiMAX 2+】
初月(9月)登録手数料3,000円
クレードル代3,565円
プロバイダ料250円
登録手数料3,000円
3年契約でクレードルプレゼント
10月以降はじめの2ヶ月3,420円
3ヶ月後以降4,100円
毎月プロバイダ料250円
5ヶ月目に32,500円キャッシュバック
3年間毎月3,280円
途中解約時の違約金1年目 (サービス開始月から、翌月を1カ月目とした12カ月後の月末まで) 19,000円
2年目 (13カ月目から24カ月目) 14,000円
3年目 (25カ月目から36カ月目) 9,500円

9月のキャンペーンを利用すれば@niftyは契約継続5ヶ月目に32,500円のキャッシュバックがあるため、仮に3年未満で解約したとしてもSo-netを途中解約するよりはトータル支払い額は安くなります。

もうWimax 2+を使い続ける腹づもりなら【So-net モバイル WiMAX 2+】を契約したほうが3年間で比較すると安くなります。

3年間で生活がどう変わるか読めない部分もあるので、3年以内に解約する可能性があるなら@niftyをおすすめします。

【参考】【@nifty WiMAX】キャッシュバックをお得にGet

スマホの通信料は月額4,500円程度まで抑えられる

スマートフォンの通信はイオンモバイル音声500MBプランと【@nifty WiMAX】キャッシュバックに乗っかった場合の月額通信料は約4,500円程度まで圧縮できてしまいます。

毎月データ通信はそれなりに使うけどでも月々の通信料はできるだけ抑えたい、学生さんや独身ひとり暮らしのかた、外出・出張多めのサラリーマンにおすすめしたいプランです。

どうしても大手キャリアの契約は止めたくない!という人は通信料は月額7000円程度に抑えられれば十分がんばって節約できています!

【関連】ひとり暮らしの通信料の節約方法は生活スタイルで大きく変わる

自分の生活スタイルにあった通信プランを検討してみてくださいね。

筆者のプロフィール

くるみ
くるみ
Webサイト編集、フリーライター。遠征先でご当地グルメを堪能しているときが一番しあわせ。→[詳細プロフィール]
埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう