東京ヤクルトスワローズリーグ優勝!その時つば九郎は

お役に立ったらシェアしてね!

つば九郎

東京ヤクルトスワローズが14年ぶりにセントラルリーグ優勝を果たしました!

本拠地神宮球場だったので、優勝を決めたその瞬間につば九郎も立ち会うことができました。

スポンサーリンク

ゆだんたいてき、おでんたいやき

8月末頃から優勝を争っていた阪神、巨人との戦いを勝ち越し続けた頃から周りは優勝、優勝と囃し立てていたけれど

つば九郎はブログの中で

ゆだんたいてき、おでんたいやき

と言って決して煽るようなことはしませんでした。
疲れている選手にはそっと手羽を置き、和やかに話をして、大きな心で見守っていましたね。

象徴的だったのが、グラウンドで選手が胴上げをしている時、そして優勝ペナントを持って場内一周後。

選手や球団社長までもがつば九郎を手招きして呼んだのに一緒の写真に収まろうとせず、ファールゾーンにとどまって選手たちを遠くから見守っていました。

はずかしくて、ここにはいれなかった。だって、そんなに、つばくろうばんがってないから。。。

みんなが、おいでおいでされました。

しゃちょうからも。

でも、らしくないけど、えんりょして・・・。

引用元:てっぺん。 |つば九郎オフィシャルブログ「つば九郎ひと言日記」Powered by Ameba

そんなことはない!

鳥小屋で出番を待っている時いつも応援歌に合わせて踊ったり、祈るように戦況を見つめている。屋外スタジアムである神宮球場の真夏は半端じゃなく暑いはず。

そしてブログは毎日更新。

これがいかに大変なことか私にはブログを始めてからより一層よくわかります。

つば九郎はファンと選手の架け橋

私がヤクルトスワローズのファンになったのは、伊藤智仁選手や青木宣親選手など選手がきっかけ。正直なところ、これまでは好きな選手が活躍できれば勝利は二の次という邪悪な心もありました。

つば九郎が一番好きな鳥になってからは、チームが勝つことを一番願うようになりました。

つば九郎から東京ヤクルトスワローズというチームの優しさや各選手のことを教えてもらううちに、どんどん愛着が湧いてきました。

今回の優勝の瞬間、私は仕事で神宮球場に行くことができませんでした。

満員電車の中でスポナビの速報とラジオ中継でその瞬間を迎えましたが、応援しているチームが優勝した喜びはやはり格別でしたね。その場で泣きながらバンザーイしてファンと喜びを分かち合えれば最高だったけど。。

この瞬間を迎えたくてずっと応援してるんだ、って改めて思いました。

リーグ優勝は果たしましたが、日本一を目指す戦いはまだまだ続きます。

近いうちにまた勝利の悦びに浸れますように!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
くるみ
老後に不安を抱きながらもいまを楽しく生きたいアラフォーひとり身。→[詳細プロフィール] 埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。