ついに「正式に」格安スマホでもモバイルSuicaが使えるようになったぞ!!

お役に立ったらシェアしてね!

xperiaj1
これまでおサイフケータイはdocomoやauなどキャリアで契約することができるおサイフケータイ対応スマートフォンの専売特許とされてきました。

とはいえ、docomoから出ているおサイフケータイ対応のスマートフォンにMVNOのSIMを入れて使うことで、わざわざキャリアでスマートフォンを契約しなくてもおサイフケータイを使えます。

実際私がAmazonで買ったXperiaにMVNOのSIMを入れておサイフケータイを使えていることは以下の記事で実証済み。

スマホを契約しないでおサイフケータイを使う方法
スマホを契約しないでおサイフケータイを使う方法

docomoのスマホにMVNOのSIMを入れて使用することは違法でもなんでもないわけですが、厳密に言うと正式に認められた方法ではありませんでした。おサイフケータイの機能は使えてしまうんだけど、あくまで自己責任の範疇でやってくださいね、というスタンス。

それが時代の流れなんでしょうか。

ついにキャリアから発売されていないいわゆる「格安スマホ」でもモバイルSuicaが正式に使えるようになりました!

スポンサーリンク

Xperia Z1fの充電表示誤作動問題

昨年購入したXperia Z1f(SO-02F)なんですが…

今年の夏頃からコンセントからの充電がなぜか80%付近で止まってしまうようになりました。

最近は電源を入れているだけで電池の減り方も早く、残量70%程度で電源を切っておくようになり…。

そのスマホに朝の通勤前に再び電源を入れようとするといきなり充電0%で電源が入らず改札を通れなくなるという憂き目に。

「Xperia Z1f」「充電0%」などワード検索すると、2014年頃から同じ現象に悩まされている人多いみたいですね…。

充電池の交換をするならdocomoを通して修理が必要になりますが、当然保証は効かないので実費で1万円程度かそれ以上の出費。

そもそも修理でおサイフケータイを預けている間定期が使えないなんてムリ、ってことで泣く泣くおサイフケータイを買い替えることにしました。

ちょうどその買い替えを決意した頃に目にしたこのニュース!

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、同社提供のモバイル決済サービス「モバイルSuica」において、12月中旬以降、MVNO対応のSIMフリー端末6機種でもサポートすると発表した。

対応する機種は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia J1 Compact」、シャープ製の「AQUOS SH-M02」「AQUOS SH-RM02」「AQUOS SH-M02-EVA20」、富士通製の「arrows M02」「arrows RM02」の6機種となっている。

引用元:格安スマホ6機種が「モバイルSuica」に対応 – 12月中旬以降から | マイナビニュース

XPERIA J1 Compact購入の理由

次期機種は評判のいいdocomo Xperia Z3 Compact(SO-02G)[White]にしようかなと思っていましたが、docomoZ1fを使っていた時に削除できないdocomo謹製アプリがなにかと無駄なパワーを使っていることが気になっていました。

そしてここへきてZ3の白ロム価格がなぜか5万円台に跳ね上がってる…。高すぎ。

XPERIA J1 CompactはZ3よりはカメラのスペックなどは落ちますが、白ロム価格は4万円台前半にこなれてきたのが大きなポイント。

そしてdocomo端末ではないのでマニアックな設定をしなくてもそのままで格安SIMでテザリングができます。それでいてZ3同様STAMINAモードがついているのでスマホを使わない時の電池の消耗を古い機種より格段に抑えることができます。

参考省エネモードでバッテリーを長持ちさせよう(Xperia Tablet Z) | 使いかた/取扱説明 | タブレット | サポート・お問い合わせ | ソニー

元々iPhoneをメインに使っている私の場合、Xperiaにはおサイフケータイであることと問題なくテザリングができるモバイルルーターの役割を求めています。

Xperiaでカメラを使いこなしたいなど画像、映像、音質にこだわりたいならZ3、そうではなく必要最低限のXperiaの機能は備わっている上で長くじっくり使っていきたいならXPERIA J1 Compactはここへきてかなりおススメの選択肢です。

白ロムではなくデータ通信用SIM付きや思い切って音声通話ありのMNPで格安スマホデビューしたければ楽天モバイルでも取り扱っていますよ。



XPERIA J1 CompactにモバイルSuicaを移行

12月14日のモバイルSuicaアプリのアップデート適用によりXPERIA J1 CompactでもモバイルSuicaが使えるようになりました。実際に翌日モバイルSuica他各電子マネーアプリの機種変設定をしました。

なーんの問題もなくモバイルSuicaの残額、定期の情報も移行できました!!

その他のモバイルSuica・おサイフケータイ絡みのJR東海のエクスプレス予約、モバイルnanaco、楽天Edy、WAONも全て問題なく移行完了。データ通信はDMMモバイルのAPN設定を行った後DMMモバイルをそのまま使えています。

STAMINAモードをONにしていると夜通し電源を入れっぱなしでも充電は2、3%程度しか減っていません。

自動改札のタッチでもすんなり通過できた!よかった!!

毎年おサイフケータイスマホを買い替えしている現実は腹立たしいところですが、今度こそ1年でも長くXPERIAを使っていきたいです。

ソニータイマー作動許すまじ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
くるみ
老後に不安を抱きながらもいまを楽しく生きたいアラフォーひとり身。→[詳細プロフィール] 埼玉県で快適に暮らすための情報をまとめた「さいたまノート」も運営中。