青木ファンでよかった!佐知夫人著「うちの夫はメジャーリーガー」を読んで。

お役に立ったらシェアしてね!

”うちの夫はメジャーリーガー”

昨年末、田中将大投手がヤンキースに入団する時に、メジャーリーガーの奥様はどんな生活をしているのかというのが一時期とても話題になりました。
メジャーリーガーの妻。一見とても華やかに見えるけれど実際はどうなの?という部分を夫人自ら綴った著書です。

スポンサーリンク

青木宣親選手の魅力

「一番好きなプロ野球選手は誰ですか?」

この質問を受けたら迷わず、現在メジャーリーグのカンザスシティ・ロイヤルズに所属する、元東京ヤクルトスワローズの青木宣親選手を挙げます。

青木選手は東京ヤクルトスワローズ入団2年目にして当時イチロー選手しか達成していなかったシーズン200安打を達成して首位打者を獲得。
足で技術で確実にヒットを積み重ねていく姿に、どんどん引き込まれていきました。

華々しい成績を残す一方で、それが天賦の才能ではないということもわかってきました。
早稲田大学入学もスポーツ推薦ではなく夏の大会後から勉強を頑張って指定校推薦で勝ち取ります。
プロ野球選手になりたい一心でレギュラーの座を掴んだのが大学3年の時。プロ入りもドラフト4位で特に注目されていたわけではありませんでした。
マイナスからのスタートなのに一気にスターダムにのし上がってくるサクセスストーリー。とてもワクワクしながら神宮球場に通いましたね。

このサインボールは、好きすぎて沖縄までキャンプを見に行った時にご本人にサインをいただいたもの。宝物です。

”青木宣親選手のサインボール”

奥様が佐知さんだから余計応援したい

青木宣親選手は東京ヤクルトスワローズ在籍中に、テレビ東京のアナウンサーだった佐知さんと結婚しました。
交際が発覚した頃は、それなりにショックでしたけど
野球一筋だと思ってたあおたん(青木選手)が選んだ佐知さんだから、青木選手の積年の夢であるメジャー生活をしっかりサポートして欲しいと奥様のブログの更新をチェックしながら応援してきました。

ブログを読んでいると、佐知さんもやっぱり努力家で頑張り屋。実直な姿が目に浮かびます。
素直に奥様まで応援したいと思うようになるなんて、思ってもみなかったです。(笑)

アメリカの出産事情や文化の違いの話が新鮮

メジャーではじめの2年間は、ミルウォーキーというシカゴからも2時間近く離れた田舎町での生活。
日々の食事の準備はもちろん、ブルワーズの奥様会で溶け込む努力を懸命におこなう佐知さん。
旦那の世話のみならず、2人目をミルウォーキーで出産した時の話はアメリカって・・・と驚きのエピソード連発です。
そして読み終えてやっぱり青木宣親選手はステキ。私の見る目は確かだった、と思えたことが何よりの収穫です。(笑)

プロ野球に入ってからは優勝とは縁の遠かった青木選手。
今年は所属するカンザスシティ・ロイヤルズが地区首位にいます。
初のプレーオフ、そしてワールドチャンピオンまで上り詰めて楽しませ欲しい!
大好きな青木選手と佐知さんの喜ぶ姿を楽しみに、これからも応援していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

くるみる記。をフォロー