行列のできる炭火豚丼!念願の豚野郎へ。

お役に立ったらシェアしてね!

神宮球場に信濃町から向かう時に道中となる御茶ノ水。

学生の街なので安くて旨い系の食事処が多いです。

以前TBSのぴったんこカンカンで安住紳一郎アナウンサーとホンジャマカの石ちゃんが訪れているのをテレビで観て以来気になっていた『豚野郎』さんへ、やっここさ来れました。

スポンサーリンク




お店の場所

場所はJR御茶ノ水駅から聖橋口を降りて右へ。
一階がラーメン屋、二階がハンバーグ屋、三階が豚野郎さんです。

雑居ビルの階段を三階まで上がります。
途中に貼ってあるポスター。

豚魂

喰らおうではないか、豚魂!!

行列必至

情報を目にしてから2年以上は経ってますが、お店はあっという間に有名になり、今は16時〜17時以外は常に満席のようです。
店内は10席しかないので無理もないですけどね。
この日も金曜日13:40位に着きましたが前に5人並んでました。
食券を買ってから中の店員さんに呼ばれるまで灼熱の階段で20分位待ちました。

やっとこさ入店

食券を渡してあったものの、席に着いてからも10分ほど…お冷にすがりしばし待ちます。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

丼の上に敷き詰められた豚肉!700円の中サイズでこのボリュームです。

少食の方には500円の小サイズ、もっと豚肉欲しい方には900円で大サイズもあります。

豚肉は少し厚めで炭火で焦げる位によく焼いてあります。
炭火の風味に濃いめの豚丼のタレがマッチ。
見逃してはならないのは白いご飯の美味しさ。少し細めのご飯の粒が立っていて、タレに程よく絡む。
どんぶりの下までタレはしっかり到達しているので、最後まで豚丼の旨さを堪能できます。

ごちそうさまでした!

気温35度を超える灼熱の豚丼待ちでしたが、待った甲斐ありました。
昨年帯広の本場でも食べましたが、都内でもそれに近いクオリティでしかも700円で食べることができます。
御茶ノ水で少し時間がある腹ペコさんは一度ご賞味くださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー