氷と光のコラボレーション!THE ICE(ザ・アイス)2014 長野公演。

お役に立ったらシェアしてね!

会場入口

梅雨明け間近の連休最終日、長野に降り立ちました。
フィギュアスケートのアイスショーを観るために!

(記事中の選手名は敬称略)

スポンサーリンク




実はフィギュアスケートけっこう好き。

プロ野球がシーズンオフになる冬場はフィギュアスケートにそれなりに興味があるわたくし。
ソチ・オリンピックでは浅田真央選手の演技に涙しました。
演技に感動した勢いのまま、今見返すとわかりにくい感動の理由なんかも記事にしていました。笑

THE ICE(ザ・アイス)2014の見どころ

ショーは私が観に行った長野公演を皮切りに、名古屋、大阪とこれからまだ公演が控えています。

キャストが超豪華!

来日組ではソチ・オリンピック金メダリストのアデリナ・ソトニコワ、4位のグレイシー・ゴールド、男子銀メダルのパトリック・チャン、アイスダンス金メダルのメリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイトなど。
日本からは浅田真央、村上佳菜子、宮原知子、小塚崇彦など。
ここまでキャストが揃うのは、世界選手権やオリンピックを除いてはアイスショーしかないのではないかと。
個人的に注目していたのはグレイシー・ゴールド(USA)。
めっちゃ美人。とにかくかわいい。なのに、ジャンプの質もいいしミスが少ない。
男子はパトリック・チャン(カナダ)。
オリンピック前年まで世界選手権を3連覇しながらいざオリンピックでは金メダルを逃してしまうというちょっと残念なところに妙にシンパシー。

ショーの感想

それぞれ出演者が今季のショートプログラムやエキシビジョン用のナンバーを演じていきます。
曲や技術的なことはよくわからないけど、どれも衣装と曲と照明のマッチングが素晴らしい!
フィギュアスケートって競技スポーツだけど、演出ひとつで立派なショーになるのはなんだか羨ましさすら感じます。
特に印象深かったのはやっぱり「アナと雪の女王」をやった浅田姉妹かな。
この曲の世界観を日本のスケーターで高レベルに表現できるのはこの姉妹しかいません!
その他にはフィナーレダンスを一緒に踊りましょう、と幕間にダンスレッスンビデオが流れたり、金メダリストのトークセッションがあったり。
演技だけではなく観客の皆さんも一緒に盛り上がりましょう!というアットホームな場面もありなごみました。

あとがき

長野の会場となった「ホワイトリング」はこぢんまりとしていて、演者との距離感は思ったよりかなり近かったです。
衣装のディテールなど細かい部分の確認は双眼鏡が役に立ちましたが、全体的な雰囲気を感じるにはスタンドからでも十分楽しめました。
客層は30代以降の女性が中心。
皆じっくり静かに氷上の演技に見入っているので、リンクを縦横無尽に滑るスケーターが氷をかく音がシュパ、シュパと聞こえてきました。
これぞ臨場感!
世界一とも称されるパトリック・チャンや小塚崇彦のスケーティングは、現地で見るとすごく滑らかで速くて、スケーティングの上手さというテレビでよく言われていることは現地で見ることにより深く実感できます。
それに、なんといっても主役の真央ちゃん!
彼女の笑顔はナチュラルでおもてなしの心を感じます。とても気持ちが良い笑顔で、やっぱり日本の宝と再認識しました。

野球シーズン真っ最中ですが、夏に涼しい氷上のショー。とても贅沢な時間を過ごすことができました♪

チケットぴあ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で