NYでミュージカル「マンマ・ミーア!」を観て本場のエンターテイメントを体感した。

お役に立ったらシェアしてね!

”マンマ・ミーア!劇場入口”
NYではミュージカル観賞もやりたいことのひとつでした。
「本場のミュージカルは観てみたいけど何を観たらよいかわからない」という方は、映画化されている作品が予習できて意味もわかりやすくオススメ。
今回私は映画の作品でもお気に入りの「マンマ・ミーア! 」を観ることにしました。

スポンサーリンク




余談:メトロポリタンオペラのオープニング・ナイトの日でした

ミュージカルを観る日に決めた2014年9月22日月曜日はちょうど、年に一度のメトロポリタンオペラのオープニング・ナイトでした。
”タイムズ・スクエア”
タイムズスクエアに椅子がズラーっと並び、後方に告知が!
”メトロポリタンオペラのオープニング・ナイトの日でした。”
オープニング・ナイトは年に1日。オペラがタイムズスクエアのスクリーンにて上映され、ざっくり言うとタダでオペラ鑑賞できる日なんです!
メトロポリタンオペラのオープニング・ナイトの存在は知っていて、ちょうどこの時期だからもしかして?!と思っていたけど、あいにくミュージカルのチケットを購入した後。。
後ろ髪を引かれながら劇場に向かいました。

マンマ・ミーア!の劇場の場所

主要な劇場はタイムズスクエアから44th st.に集まっています。
私が観に行った「マンマ・ミーア!」の劇場は Broadhurst Theatreという劇場です。

マンマ・ミーア!だ!
”マンマ・ミーア!の劇場”
オペラ座の怪人の上映劇場(Majestic Theatre)の並びに位置しています。
”オペラ座の怪人の劇場”
月曜日の開演は20時から。20時開始は日本のタイム感だと少し遅い開始ですね。
日によっては19時開始やマチネといって昼間の公演もあります。
30分ぐらい前に着いたので既に列ができていた入場列に並びます。
”マンマ・ミーア!劇場入口”

開演前

ほどなくして中に入り、グッズなどが売られているところを通り抜け、チケットに書かれている座席を探します。
扉のところや階段の各通路には係員がいて、チケットを見せるととすぐ席を教えてくれるので遠慮なく頼って大丈夫です。

私は今回2番めの価格帯のチケットを購入し、2階席の前方を選択していました。
1階の後方になるくらいなら2階の前の方がライブ感があるかも?と思って選んだ席でしたが、ミュージカルの劇場クラスの大きさだったら2階でも十分な近さ。

そして上演!

マンマ・ミーア! はドナ(母親)が経営している民宿とその周辺が主な舞台。
舞台装置は外壁と青い海を連想させるスクリーンのシンプルなものでした。
過去に観たCHICAGOとオペラ座の怪人と比較して特徴的なのは、とにかく舞台が明るい!ってこと。(笑)
ABBAの曲はストーリー展開ではしっとりした曲もあるんですけど、作品全体は終始ハジケていて爽快感があります。
最後は披露宴のシーンで終わっていくのですが、演奏が始まり、舞台では役者さんのキレのあるダンスと畳み掛けるABBAのナンバー。
最後はまるで音楽のライブに参加しているように観客席も舞台もひとつになって盛り上がれるので、英語なんて多少わからなくたって絶対楽しめると思います。

あとがき

「マンマ・ミーア!」基本的なストーリーは頭に入っていて舞台は十分楽しめたんですけど、途中英語で挟み込まれていたと思われる小ネタまでは理解できず笑えないことも。そこは私の英語力が足りずちょっぴり悔しい。
でもマンマ・ミーア!の作品の持つ明るさはアメリカの持つ華やかさと通じるところがあって、観終わった後「あー、今わたしはアメリカの文化に触れている〜!」っていう充実感が残りました。これがNYに来たらミュージカルを観た方がいいと体験した人に薦められる理由かもしれないですね。

チケットの購入については

記事を書いたのでご参照ください(^^)

公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク







くるみる記。をフォロー